2019年09月14日

平清盛公出生秘話

 今は昔、京の都に平朝臣清盛公と申しし人ありけり。父忠盛は眇と揶揄されし地下人なりしが、白河院の寵愛受けたる祇園女御を下されしより、昇殿許されけり。この女御、容姿端麗なりしが素性詳らかならず。西域より渡りし白拍子にて、酒席もてなす生業をせしが、日の本を調略せんとする異国の密命を帯びたるとなむ伝へける。清盛が太政大臣に出世せしは、白河院のご落胤にあるのみならず、女御の援護ありしためなり。覇道によりて天下を掌握し、六波羅に金殿玉楼を構へ、平家にあらずんば人にあらずと増長せしが、ほどなく熱病にて失せ給ひぬ。つひに一族西海の藻屑と消へたるは、畢竟、帝位簒奪の企みをなしたる天罰となむ語り伝へたるとや。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:02| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする