2019年09月15日

MQAにまつわる謎(3)

 MQAはハイレゾの音がしながら、容量が少ない。MQA-CDは普通の機器だと、44.1KHz/16bitで再生されるが、MQAに対応した機器だと、折りたたまれた部分がデコードされ、176.4kHZ/24bitや352.8kHz/24bitで再生される。もともと192kHzのデジタルデータが、176.4KHZにダウンサンプリングされて、MQA-CDに収録されたりするのはなぜか。
 ようやく、MQAの仕組みが理解できた。MQA-CDには44.1KHz/16bitのデータとともに、ハイレゾデータの高音部のみが折りたたまれて収録されている。MQA対応機器では、44.1KHzのデータを整数倍にアップサンプリングし、折りたたまれた高音部と合体する。同時に16bitのデータを補完して24bitにする。
 ネットで配信されているMQAファイルは、44.1KHz/16bitで再生する必要がないので、本来の24bitのファイルであるが、内部でアップサンプリングを行っている点では、MQA-CDと同じである。
 きめの細かさでは、本来の24bitで配信しているファイルの方が音がきれいだろう。ただ、MQA-CDが352.8KHzの場合には、16bitから24bitに補完されていても、今まで聴いたことがない高音質に聞こえるだろう。MQA-CDがUHQCDの高品質の素材を使っていることも、高音質に聞こえる要因と考えられる。
 何だ、CDの音をアップサンプリングして、折りたたんだ高音部とくっつけ、16bitを24bitに補完していたのかと、音楽マニアから失望の声が上がりそうだが、MQAは高音質に聞こえるファイルを扱いやすい容量で配信できるわけだし、人間の耳に快く聞こえるなら問題はないのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:26| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

平清盛公出生秘話

 今は昔、京の都に平朝臣清盛公と申しし人ありけり。父忠盛は眇と揶揄されし地下人なりしが、白河院の寵愛受けたる祇園女御を下されしより、昇殿許されけり。この女御、容姿端麗なりしが素性詳らかならず。西域より渡りし白拍子にて、酒席もてなす生業をせしが、日の本を調略せんとする異国の密命を帯びたるとなむ伝へける。清盛が太政大臣に出世せしは、白河院のご落胤にあるのみならず、女御の援護ありしためなり。覇道によりて天下を掌握し、六波羅に金殿玉楼を構へ、平家にあらずんば人にあらずと増長せしが、ほどなく熱病にて失せ給ひぬ。つひに一族西海の藻屑と消へたるは、畢竟、帝位簒奪の企みをなしたる天罰となむ語り伝へたるとや。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:02| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

「ゲートウェイ・エクスペリエンス」私見(52)

「リトリーバル」が上達すると、相手の生前の名前や、どんな最期を迎えたかなどが分かるらしい。現段階では、相手がどこの町に住んでいたか聞き出せたに過ぎないが。

 さて、いよいよ最後の「メッセージ・フロム・ビヨンド」(高次からのメッセージ)である。ここでは「エネルギー変換ボックス」「レゾナント・チューニング」「レゾナント・エナジー・バルーン」「アファメーション」などは行わず、自由なスタイルで「フォーカス27」に移行する。
 潮騒が聞こえる。砂浜を歩いている。夏の日射しを感じる。沖縄かどこかの楽園のイメージである。誘導の声が聞こえ、肉体ではなく、魂(星気体・アストラル体)の手を引かれて上昇する。「体外離脱」する感覚で、意識を拡大していくのである。
 意識は「フォーカス27」に移行する。上方から光線が下りてくる。そこで、自分の愛する人、今は亡き肉親などと交感し、メッセージのやりとりを行う。対話のような形にならなくても、何かを問いかけると、自ずと答えが返ってくる。自問自答のようでも、相手の顔を思い浮かべて問いかけてみよう。すると、どうすればいいか答えが返ってくる。
 宇宙はホログラムのようなものだから、相手は自分の一部で、自分も相手の一部である。形の上で離れているようでも、時空の存在しない次元では、本当は常にともにあるのだ。日常の意識では、離ればなれであるように感じられても。
「ウェーブZ」は死後の世界の探究であり、とりわけ「フォーカス23」はおどろおどろしい印象があるが、最後の「メッセージ・フロム・ビヨンド」は、心の安らぎを得るとともに、今は亡き人とのコミュニケーションが図れる。
 最後に、『ゴーイング・ホーム』との違いについてまとめておこう。『ゴーイング・ホーム』は死が近い難病患者に、死の受容をさせるために開発された。イメージや効果音、背景の音楽など、受け容れやすいように工夫されている。一方、『ゲートウェイ・エクスペリエンス』の「ウェーブZ」は、波の音以外はもっぱら声による誘導のみである。それ以前の『ゲートウェイ・エクスペリエンス』を習得していることが前提である。彼方の世界を積極的に探究し、生きることへの理解を深めることを目的として、プログラムが組まれているのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:41| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする