2019年09月30日

映画『ボブという名の猫』

 売れないミュージシャン、ジェームズ・ボーエンが、ヘロイン中毒に苦しみながら、動物好きの隣人ベティ、ソーシャルワーカーのヴァル、野良猫だったボブの愛情によって、中毒を克服し、更生していく物語。
 薬物中毒に陥る原因としては、家庭の不和が多い。また、中毒に陥る人間の職業では、ミュージシャンが多い。ジャズのサックス奏者、アート・ペッパーの場合もそうで、両親の離婚による愛情の欠乏があった。ミュージシャンが陥りやすい理由としては、音楽が麻薬に似ている点が挙げられる。感覚への刺激によって、人を至福の状態に導くからで、ミュージシャンの場合、演奏の不調が続くと、至福の感覚を麻薬に求めてしまいかねない。麻薬の中でもヘロインは特に危険で、過剰摂取で命を落としたり、禁断症状が訪れると、七転八倒の苦痛が待っている。
 この映画の舞台であるイギリスでは、薬物中毒者は犯罪者というよりは、病人という扱いを受けており、更生のためのアフターケアーが充実している。メタドンという代替の鎮痛薬が与えられ、ヘロイン中毒から抜け出せるように治療する。ただし、メタドンも麻薬の一種であるため、健康な体に戻るためには、メタドンの禁断症状も克服しなければならない。要するに、蟻地獄から抜け出すほどの試練が待ち受けている。
 ジェームズ・ボーエンが更生できたのも、とりわけ、ペディとボブの愛情によるところが大きい。薬物中毒の根底には渇愛があるからだ。映画に登場するボブは、茶トラの猫で、「意志の強い猫」として表現されている。野性が残っている一方で、飼い主に対する深い愛情を示す。添い寝してくれるのも、茶トラの猫である。『ボブという名の猫』はノンフィクションを映画化したもので、出演した茶トラの猫は、作者自身を更生させたボブ自身である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:42| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高野邦夫詩集『寒菊』(ePub)

 高野邦夫が1962年(昭和37)2月に、五月書房から出版した処女詩集『寒菊』を電子書籍化したものです。恋愛から失恋、工員の生活、妹への思い、やがて訪れるはずの死について描いています。
 1928年(昭和3)に生まれた高野邦夫は、太平洋戦争末期に予科練に入隊し、復員後は自動車工場の工員を経て、日本大学に入学、卒業後は中学、高校の教員として働きながら詩作を続けました。日本詩人クラブ、俳人協会の会員でした。1997年(平成9)に敗血症で亡くなりました。
 以下のリンクからダウンロードしてください。
kangiku.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:13| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

Audirvanaのアップサンプリング(2)

 Dacはnano iDSD BLACK LABEL、プレイヤーはAudirvanが、パソコンを用いた音楽再生の環境であることは、以前にも書いた通りである。ただ、しばらく使っていなかったら、Windows10がアップデートしたために、Audirvanaが動かなくなった。
 Windows10からは、OSの名称は変わらなくても、大規模なバージョンアップが行われる。最新のOSでは古いバージョンのAudirvanaは動かないのである。ほどなくして、自動でアップデートが始まり、問題は修正されたのだった。
 ハイレゾの再生に関しては、ウォークマンでも満足しているが、CD音質のファイルに関しては、176.4kHzにアップサンプリングした音は、かなりいい線行っているものの、本物のハイレゾの音を知っているだけに、今一つ透明さが足りない気がする。
 Audirvanaのアップサンプリングでは、DSD11.2kHzで聴いていたのだが、PCMの352.8kHz 32bitにアップサンプリングしたものと聴き比べてみた。ジョン・コルトレーンのサックスは、DSD11.2kHzだと精緻で上品な音で再生される。DSDはアナログのLPの音に近いと言われるが、なるほどという気がする。
 次に、PCMの352.8kHz 32bitに変換すると、サックスの音が透き通り、音圧も上がり、よりリアルに、迫力のある音になった。どちらが好みかは人によって意見が異なるだろうが、僕の場合はMQA-CDの352.8kHz 24bitをよく聴いてきたためか、こちらの方が感動させられる気がした。
 ちなみに、アップサンプリングは、パソコンに過大な負担を強いるので、タスクマネージャーを立ち上げておき、エラーが発生した場合はただちに終了できるようにしておかないと、OSがフリーズする恐れがある。とりわけ、DSD11.2KHzへの変換は負担が重い。パソコンのCPUの70〜90%をAudirvanaが占めてしまう。それに対して、PCMの352.8kHz 32bitの場合は、10%以下の負担である。異なる形式への変換は、それだけ重労働であるということだ。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:00| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする