2019年08月24日

特急「あずさ」で石和温泉へ(3)

 温泉に入ってから朝食を取った。チェックアウトする前に、ホテルの日本庭園を歩いてみた。池をめぐる道と、奥から流れ落ちる小さな滝が、大名屋敷の庭園のように豪華だった。池には錦鯉が泳ぎ、水面には鴨の姿も見られる。芝の間に置き石の道が延びている。子供たちがはしゃいでいた。
 ホテルの車で石和温泉駅まで送ってもらった。まず、隣の酒折駅で下り、甲斐善光寺に向かった。人通りは少ない。日が差してきたので、のどかな感じになってきた。ただ。風は冷たい。不老園という梅園の脇を過ぎていく。もう梅は散り始めていたが。
 住宅街の中に、甲斐善光寺の巨大な本堂の屋根が突き出ている。農道のような田舎道はカーブして、山門の前まで続いていた。人気(ひとけ)がほとんどない。物寂しい境内で、線香立ての火も消えていた。
 ここは武田信玄が、長野の善光寺が兵火で焼かれるのを恐れて、善光寺の仏像や宝物を保存するために建立した寺院である。長野の善光寺が天台宗と浄土宗が共同で管理しているのに対し、甲斐善光寺は浄土宗の寺院である。長野の善光寺は、密教の護摩を修しているため、祈願のために参拝する人も多いのだが。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 15:39| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする