2019年08月16日

アニメ『ルドルフとイッパイアッテナ』

 外の世界をちょっと見るだけのつもりが、、そのまま行方知れずになってしまう猫は多い。黒い子猫ルドルフも、軽い気持で飼い主のリエちゃんの後について出たのだが、魚屋に追いかけられて逃げ込んだトラックで、東京の江戸川区まで運ばれてしまう。
 そこで、野良の虎猫イッパイアッテナの世話になり、生きるための知恵をつけていく。イッパイアッテナというのは、野良猫として生きるために、いろいろな所でえさをもらい、場所によって呼ばれる名前が違うからである。
 ルドルフはイッパイアッテナに、人間の文字を教えてもらう。それによって、自分の能力が伸びていくのを感じる。やがて、ルドルフは習った文字を頼りに、ヒッチハイクでリエちゃんの待つ岐阜に戻る。これはちょっと無理な設定である気もするが、観客の小学生に、学習することの喜びを伝える効果がある。
 岐阜に戻ったルドルフだが、リエちゃんのうちには、自分と同じ名前の子猫がいた。それを知ったルドルフが、家を出て行く場面は悲しい。飼い主の女の子にとって、猫は生きた縫いぐるみに過ぎなかったからである。
 猫が飼い主のことをすぐ忘れてしまうというのは、誤解なのだろう。野良になった猫は、えさをもらうために、媚を売らなければならない。だからといって、飼い主を忘れてしまうわけではないのだ。子供の時に飼っていたライオンに、数年後に会いに行ったら、喜んで抱きついてきたという話があるくらいだから。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする