2019年08月13日

追記 Windows10とタブレット端末

 お手上げの状態になったので、コンピューターに詳しい友人に見てもらった。エラーが頻発するので、クリーン・インストールをした方がいいと言われた。Windowsの大型Updateでトラブルが生じたら、この方法を取るといい。
 ただし、クリーン・インストールのために「回復」を押しても、ハードディスクの容量が少なくてうまくいかなかった。そこで「ディスクのクリーンアップ」と「システムファイルのクリーンアップ」を行うことで、ようやく工場出荷時の状態に戻せた。それから、Windows Updateを行う。その際、スリープにならないように設定を変更すること。Windowsの再起動が自動でできるように、再起動の時刻を調整すること。BIOSにパスワードをかけていなければ、自動でダウンロードとインストール、再起動を繰り返してくれる。
 これらの作業は友人の手を煩わせた。かかった時間は一晩。工場出荷時からWindows Updateを繰り返すには相当の手間がかかる。さらに、「ディスクのクリーンアップ」と「システムファイルのクリーンアップ」をすれば、予備で保存された古いWindowsファイルが消去できる。おかげで、セキュリティーの問題が解決された上に、空き容量が15ギガほどできた。個人的に使いたいソフトウェアがあれば、インストール先は仮想のハードディスクに変換したSDカードにしよう。
 以前にも書いたが、具体的な方法はマイクロSDを購入して、スロットに挿入したら、まずSDの初期化を行う。NTFSの形式で初期化したら、VHDファイルを作成することで、マイクロSDを仮想のハードディスクとして使える。次のページを参照するといい。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/06/news154.html


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:54| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする