2019年08月12日

ぼくがイヌ派だった頃(19)

 歩くたびに後ろ足を引きずっていた大五郎だが、十日ほど経つと普通に歩けるようになった。ただ、まだ歩くのは下手で、下り坂で走ると、急に止まれずに転がってしまう。
 母と僕、妹の三人が交替で散歩に連れていった。小学校前の大通りは、車の往来が少ない。そこで、妹は大五郎をリードから放して、自由に走り回らせていたらしい。生まれて一ヶ月に満たない子犬だから、通りの端から呼ぶと、喜んで駆けてくる。
 そのとき、車が走ってきた。大五郎は気づかずに向かってくる。妹は叫んだのだが。急ブレーキ! しかし、間に合わなかった。大五郎はタイヤにはじき飛ばされた。
 ぐったりして動かない子犬を抱いて、妹はうちに帰ってきた。目を真っ赤に腫らして。
「大五郎が車に轢かれちゃった!」
 次の瞬間、うちの中にいても分かるほど、母の平手が妹の頬を鳴らした。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:54| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詩と人生「蝶と猫」(pdf)

 日本詩人クラブ、俳人協会の会員だった父、高野邦夫が、生前に行った詩と人生に関する講演を文字起こししたものです。軍国少年として予科練に志願し、終戦を境に価値観の崩壊を体験したこと、教員生活や闘病生活を通して、詩とは何か、いかにすれば詩が生み出されるかについて語っています。講演のほかに、若い頃の写真や略年譜、自身の青春について述べた肉声も収録されています。
 今回はパソコンですぐに開けるpdfを公開します。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードして下さい。
 以下のリンクから、ダウンロードできます。
shitojinsei.pdf

 父は生前に多くの詩集を出版していますが、多くはすでに品切れの状態です。それらの詩集から私が選んだ詩を『高野邦夫詩撰』としてまとめました。関心を持たれた方は、このブログ、およびpodcast(https://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en)で検索なさって下さい。

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:18| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする