2019年08月06日

台風と大地震

 日本列島の周辺で地震活動が活発化している。マグニチュード6の地震が連発しているが、これは日本周辺にひずみがたまっている証拠である。
 地震予知が難しいのは、地震のひずみがたまっているのが分かっても、いつ引き金が引かれるか分からないからである。引き金を引くのは、太陽嵐の襲来、台風の通過、月の引力などである。太陽嵐が襲来すると、地磁気に大きな変動が現れる。台風による急激な気圧の変化と、大量の水が地下に浸透することで、地盤の安定性が損なわれる。大地震の発生は新月や満月に多いと考えられがちだが、統計的には上弦の月あたりが多い。
 現在、太陽嵐の影響が強まり、地磁気の乱れが始まっている。台風が南九州を襲撃している。上弦の月は8月8日。引き金となる要因が三つ重なっている。南海トラフばかりが危険なわけではない。千島海溝、青森沖、日本海溝の外側のアウターライズ、房総沖、伊豆諸島南部、糸魚川静岡構造線、中央構造線など、ひずみがたまっている場所は数知れない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:24| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする