2019年07月28日

Windows10で縦書きの三点リーダーが横向きに表示される問題

 縦書きで文章を書く人間にとって、三点リーダーが横向きに表示されてしまっては具合が悪い。Windows10で問題になっているバグで、随分長い間放置されている。これは個々のソフトウェアの問題ではなく、OSの問題なので、マイクロソフトが対処してくれなければ、根本的な解決には至らない。
 自分の場合はQXエディタ(http://0ban.com/araken/)で文章を書き、一太郎で編集してePubやpdfの形式の電子書籍を作ってきたが、いつまで経ってもバグの対応をしてくれないので途方に暮れていた。やむなく、三点リーダーは極力使用しないことにしていた。
 この問題はフォントが関わっており、MS明朝やMSゴシックなど、一般によく用いられるフォントを使用しているときに発生する。それを回避するには、三点リーダーがきちんと表示される縦書きフォントを、使用すればいいことに気がついた。
 エディタを使用している場合は、対応は簡単である。書式設定でそれらの記号がきちんと表示される縦書きフォントを使用すればいいのである。自分のコンピューターに含まれるフォントでは、@HG教科書体などで正しい表示がされることが分かった。
 一太郎の場合は、ちょっと複雑である。一太郎文書を作成するだけだったら、通常のMS明朝で文書を作成し、横向きになった部分だけ、三点リーダーが縦に表示されるフォントを適用すればいい。
 一太郎で電子書籍を作る場合にはどうすればいいか。その方法はpdfでは問題なかったものの、ePubでは三点リーダーが縦書き表示されても、表示位置が左にずれている。それを回避するには、一太郎文書で横向きになった三点リーターだけを、IPAmj明朝のフォントに指定してePubで出力すればいい。三点リーダーはきちんと縦書きで中央に表示される。ちなみに、IPAmj明朝は戸籍の人名表記を文字化けなく表示できるフォントである。
 実験的に作成したePubとpdfは、iOSでも正常に表示された。これで万全かどうかは断言できないが、作成された電子書籍が、他のOSでもきちんと表示されたことから、この問題で悩んでおられる方は、試してみる価値がああると思う。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:40| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする