2019年06月28日

「ゲートウェイ・エクスペリエンス」私見(43)

 一方、《ゲートウェイ・エクスペリエンス》の「ウエーブZ」は、死後の世界を理解し、死んだばかりで迷っている魂を救済する「リトリーバル」が目的である。また、《ゴーイング・ホーム》では、通過するだけだった「フォーカス23」や「フォーカス25」もしっかり体験するのである。
 すでに「ウェーブY」までは習得していることが前提なので、 「エネルギー変換ボックス」「レゾナント・チューニング」「レゾナント・エナジー・バルーン」「アファメーション」を次々とこなした後に、10の数字を思い浮かべ、息を吐くと同時に「フォーカス10」に移行しなければならない。慣れていても、かなり忙しい。
 続いて「フォーカス12」「フォーカス15」に移行した後、エネルギー体の振動を高めて、「フォーカス21」に移行するように指示される。ただ、エネルギー体の振動を高める方法は、具体的には指示されない。自分の方法では、心臓の部分に「エネルギー・バー・ツール」を当てて、エネルギーの充填を図るようにする。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:48| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする