2019年06月11日

ぼくがイヌ派だった頃(3)

 ほがらかな早春の一日だった。地面のあちこちからはつくしが頭を出し、時折吹き過ぎる風が、むきだしの畑の土を舞い上げた。妹とふざけ合っていると、クロを連れた父に、お弁当を持った母が後からやって来た。
 ぼくらはくぼみの一つで、ひなたぼっこをしていた。父が首輪からロープを外すと、クロは勢いよく原っぱの上を駆け出した。ぼくは追いかけたのだが、いつの間にか追いかけられていた。クロは逃げ回るぼくを、獲物と間違えたのか。いや、そうやって年下のぼくをあやしてくれていたのだろう。
 走ってくたくたになると、枯れ草の上にしゃがみ込む。すると、父がこっちへ来い、とぼくのことを呼んだ。仰向けに寝ていた父は、両腕と両足を真上に向けてから、その上に乗っかれ、と言う。足の裏にお腹を乗せると、父はぼくの肩をしっかりとつかんだ。
「おい、両手を広げるんだ!」
 ぼくは飛行機になっていた。自分の頭の中では、プロペラがブルブルうなっている。ぼくはおなかがくすぐったいのと、空中に自分の体が浮いたのとで、けたけた笑い声を上げていた。それを目にした妹は、おにいちゃん、ずるい! と泣きそうな顔して、早く替わってくれるようせがむのだった。
 ちょうどその時、本物のエンジンの音が、南の稜線からしてきた。地面に下りたぼくは、ブルブルいう正体を見きわめに走り出した。真っ青な空の中央を、白いボディーに赤いラインのプロペラ機が、川の対岸へ向かって飛んでいく。追いつけずに転んだぼくは、父と同じく仰向けになり、空の全体を見開いた目でつかんでやろうとした。差し入った光に目がくらんだ途端、忍び寄ってきたクロはすかさず、ぼくの頬を大きな舌でペロリとなめた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:52| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

岩合光昭の「ねこづくし」(3)

 島の猫は自然に任されている。繁殖や子育ても、妨害されることはない。海辺でのんびり過ごし、木に登って小鳥や虫をつかまえる。人が通ると顔色を見て、餌をねだり、漁で捕ったばかりの魚をもらう。
 猫は人のそばに腰を下ろし、人の様子を観察している。好きな相手だと、甘えたような声で鳴く。鳴いても相手にされないと、体をすりつけてアピールする。えさがもらえたら、好きなところに行ってしまう。身勝手なように見えるが、猫は猫自身の欲求で動いている。だから、見ていて面白いのだ。
 岩合氏は野良猫という言葉を好まない。野良なんて言うと、人間でたとえるなら、ホームレスみたいだからだろう。岩合氏は自由猫という言葉を用いている。猫にとって理想的な暮らしは、天気のいい日は屋外で過ごし、えさや水はもらって、雨の日や夜は、家の中で過ごすというものだ。野生を残しながら、人と共生するには、それが一番いい。
 猫は人の様子を観察することで、身を守っている、えさをくれると見れば、すぐに心の一部を開いてくれる。カメラを構える人の気持ちまで、察してくれることがある。岩合氏の写真で笑ってしまったのは、沖縄で撮影された一枚。家の守り神シーサー(獅子)は、コミカルな表情で、大きな舌を口から覗かせている。並んでいた猫は、シーサーの横で、シーサーと同じポーズを取り、口から舌を覗かせている。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:41| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

岩合光昭の「ねこづくし」(2)

 そうした猫の魅力を、写真に撮り続けているのが、動物写真家の岩合光昭氏である。NHKBSプレミアムで「岩合光昭の世界ネコ歩き」が放送され、今では猫写真家という印象が強い。番組では猫の生態が、動画で配信され、岩合氏の猫への思いと、猫を撮影する際の苦労話が語られる。猫の生態を知るには、動画の方が良いようだが、猫らしい一瞬の仕草を、多くの人は見落としてしまう。一匹一匹の個性、猫の思いを一瞬でとらえるには、写真の方が優れているのである。
 現在、川崎市中原区の市民ミュージアムで、「ねこづくし 岩合光昭写真展」が開催されている。(2019.4.23〜2019.6.30)写真展は島の猫、日本各地の猫、やきもの里の猫のコーナーで構成されている。その中で最も魅力があるのは、やはり島の猫である。島は都会と違って、猫に危害を加える人間が少ない。野良猫を捕獲して駆除することもなく、猫が生存していくことが、風景の一つとして認められているというわけだ。
 猫の天敵は車と犬である。車が往来し、犬が散歩していると、猫は道の真ん中を歩けない。都会では最近、地域住民が共同で猫にえさやりをする地域猫の存在が認知されつつある。ただし、保健所に駆除される猫を増やさないように、避妊することが求められ、その印として耳の一部が切除されている。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 08:04| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする