2019年05月09日

五稜郭は和洋折衷(3)

 皮膚病なのかと思ったが、そうではないらしい。長い時間温泉に浸かっていると、体温が上がって冬毛が抜けてしまう。抜けてしまうと寒いから、温泉に浸かる。温泉に浸かるからさらに毛が抜けるといった悪循環で、温泉好きの猿ほど、全身の毛の大半が抜けるみっともない姿になってしまうのである。
 ぶらぶらして温泉ばかり浸かっている怠け者は、メスの猿にとっても魅力がないのだろう。人間に体毛がなくなっていったのは。まさか温泉に入るようになったからではあるまいが、体毛が薄くなっては衣服を着なければ凍えてしまう。四六時中服を着るようになったので、体毛がほとんどなくなってしまったということか。
 熱帯植物園の方は、巨大な温室に熱帯の巨木や珍しい花々、サボテンなどが展示してあったが、わざわざ北の大地に来てまで見るものではない。展示されていた花の写真には感嘆したが。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:15| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする