2019年05月08日

五稜郭は和洋折衷(2)

 朝は曇っていたが、徐々に晴れ間が広がってきた。温泉に入ってから朝食を取った。部屋に戻り、チェックアウトして向かったのは、函館市の熱帯植物園である。実は温室に入って暖を取りたいわけでも、ジャングルの花やサボテンが見たいわけでもない。ここがどうして人気を博しているのかというと、スノーモンキーがいるからである。
 スノーモンキーといえば、長野県北部の地獄谷が有名だ。猿は普通は熱帯に生息する。それが雪の降る地方で、寒さをしのぐために温泉に入っているのだから、外国人は仰天してしまうらしい。雪の積もった自然の岩場に、野生の猿が集まってるというわけではないが、飼っているニホンザルが、引き込まれた温泉に首まで浸かり、周囲に雪が積もっている点では同じである。
 見ていると、温泉に浸かっていい気分なのは一部の猿で、全く入っていないのもいる。気になったのは、体の毛が抜けて皮膚が剥き出しになってしまった猿が、温泉に入っているということだ。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:29| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする