2019年05月07日

ぼくがダライラマ?(72)

 ぼくは盃を口にした。舌が焼けるように強い。これはチベットのチャン(どぶろく)ではない。清の白酒だろう。すぐに意識が朦朧としてきた。すると、奥からまだあどけなさが残る少女が、テーブルの隣の席に座った。薄化粧をして、唇には紅をさしている。つややかな髪からは、ほのかに伽羅の香りが漂った。女はテーブルの下で、ぼくの手を握った。
 摂政の娘の顔が浮かんだが、すぐに目の前の少女しか見えなくなった。ぼくが握り返すと、女は立ち上がり、ビロードの幕で仕切られた奥の部屋へ誘った。立ち上がって従者の顔を見ると、黙ってうなずいた。すべてはお膳立てされていたというわけか。引かれるままに奥に入ると、寝台と小さな机があり、バターの灯が揺らめいている。
 少女は寝台にぼくを座らせると、ほの明るい部屋の中で衣をはがしていった。乳房が顔をのぞかせた。腰の帯を外すと、生まれたままの姿になった。たまらなくなって、ぼくも裸になり、床の中に入った。
 事が終わっても、女はぼくの体にしがみついている。そんなに良かったのだろうか。ということは、生娘ではなかったというわけか。
「君はぼくが誰だと思う?」
「観音さまの化身でしょ。私は貴い方と交わって、悟りを得たいと思ってるの」
「それは良かった。ぼくは、ダライラマだよ」
「まさか!」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:52| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする