2019年05月05日

函館本線の謎(5)

 函館本線をめぐる謎については、これですべて解決しただろうか。まだ気になるのは、北海道新幹線の存在である。新青森から新函館北斗までが開通し、津軽海峡線は暫定的な使命を終えた。ただ、新函館北斗駅は函館市街から離れ、不便だという声が聞かれる。新幹線は将来、札幌や旭川までの開通を目指しているから、函館市街に新幹線の駅を作るには、秋田新幹線のようにスイッチバックせざるを得ない。それに、函館市街に駅を作ると、札幌までの距離が遠くなり、競合する飛行機に対して不利なため、北斗市内に駅を作ることになったのだろう。
 北海道新幹線は新函館北斗の先に、新八雲、長万部、倶知安、新小樽、札幌というコースで敷設される。函館本線と併行する路線が計画されており、札幌まで新幹線が開通すれば、函館本線はJR北海道から分離され、第三セクターの路線となることだろう。
 そこで浮かぶ疑問は、函館、札幌間を短距離で結ぶには、長万部から倶知安、小樽とたどるコースが最適なのに、現在、函館〜札幌間の特急列車は、なぜ室蘭本線経由の遠回りになっているかという点である。その理由としては、長万部〜小樽間は、急勾配と急カーブが続くため、高速で走行するのが容易ではないということ、室蘭本線経由だと、洞爺湖や登別温泉などの観光地を通り、室蘭、苫小牧などの人口密集地域や、新千歳空港に接続することが挙げられる。新幹線は多数のトンネルで最短距離を走ることで、急勾配や急カーブを克服し、飛行機との競争を有利に運ぼうとしているというわけだ。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高野敦志編『高野邦夫詩撰』(pdf)

 高野邦夫は昭和3(1928)年、現在の川崎市幸区に生まれました。太平洋戦争末期に予科練に入隊。戦場に送られる前に終戦を迎えました。戦後は国語の教員を務めるかたわら、詩を書き続けました。日本詩人クラブや俳人協会の会員でした。平成9(1997)年、敗血症で亡くなりました。享年68歳でした。生前刊行された父の詩集、および遺稿から選び出した詩篇を『高野邦夫詩撰』としてまとめました。今回はパソコンでも簡単に開けるpdf版をアップロードいたします。パソコンに保存してからご覧下さい。
 なお、iTunesでダウンロードした場合、マイミュージックの下にiTunesのフォルダがあり、iTunes Music、その下にpodcasts、さらにその下のフォルダにpdfファイルは入ります。ダブルクリックすれば、Adobe Readerですぐに読めます。フルスクリーンモードで表示すると、モニターでも読みやすいと思います。下のリンクをクリックして下さい。
kunionoshi.pdf

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

以下に高野邦夫の著作を挙げます。

詩集

『寒菊』(1962 五月書房)
『氷湖』(1978 昭森社)
『燦爛の天』(1980 昭森社)
『定時制高校』(1982 昭森社)
『川崎』(1983 昭森社)
『修羅』(1984 昭森社)
『彫刻』(1985 昭森社)
『曠野』(1985 芸風書院)
『銀猫』(1986 昭森社)
『日常』(1987 昭森社)
『川崎(ラ・シテ・イデアル)』(1989 教育企画出版)
『短日』(1991 吟遊社)
『峡谷』(1993 吟遊社)
『鷹』(1994 吟遊社)
『敗亡記』(1995 吟遊社)
『廃園』(1998 遺稿 吟遊社)

句集

『高野邦夫句集』(1987 芸風書院)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:51| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする