2019年05月03日

Diz N' Bird At Carniegie Hall

 僕が一番好きなジャズはビーバップだ。僕の場合は、ソニー・スティットからチャーリー・パーカーにさかのぼった。最初、バード(チャーリー・パーカーの愛称)の曲を聴いたとき、ノイズだらけでうんざりした。しかも、圧縮されたmp3だったから、鑑賞できる音質ではなかった。
 バードの短い生涯の中で、スタジオ録音のアルバムは、ダイアル、サヴォイ、ヴァーヴといったレーベルで、分類されることが多い。初心者はヴァーヴから入った方がいい。モノといっても、今の人が聴いても満足できる録音状態だし、スタンダードの曲が多いから、バードの過激な演奏に、途方に暮れることもない。
 ジャズの神さまと呼ばれるバードは、ダイアルやサヴォイの時期に、超絶的な演奏をしている。録音状態は良くないが、最近のリマスターで随分聴きやすくなった。もちろん、ヴァーヴのアルバムでも、曲によっては天才の神業が聴けるのだが、麻薬中毒が深刻化して、体調が良くなかったから、素晴らしい演奏とお座なりの演奏が混在している。
 スタジオ演奏のアルバムを一通り聴いたら、ライブの演奏を聴くのが一般的な流れだろう。ここでも立ちはだかるのが音質である。ライブの演奏は、プロではない、ファンの個人的な録音が多いからだ。リマスターしたとしても限界がある。
 なぜ、バードのライブ演奏に惹かれるかと言えば、スタジオ録音では数分のごく短いものばかりなのに、ライブでは10分前後のものも残されており、バードの想像力が飛躍するための時間的な余裕があること、さらに大きいのは、観客の高揚に刺激されて、最高の乗りで演奏されることが多いからだ。僕が一番好きなライブは、《Rockland Palace》での演奏だが、録音の状態が悪くて、音がちょっと割れる時もあるが、神が降臨している状態で、聴いている方も神懸かってしまうほど、乗りに乗っている。ところが、廃盤の状態が続いているので、ものすごい値段がついていて、とても手に入らない。とりあえず、どんな物か知りたければ、mp3で我慢するしかない。CDで販売するか、CD以上の音質で配信してくれれば、絶対に売れると思うのだが。
 ライブで比較的音質がいいのは、《Boston, 1952》や《At Storyville》など。前者はラジオで放送されたもので、結構いい演奏をしている。後者の方が音質が良いが、ちょっとお座なりの感じがする。ともに1950年代の録音だから、バードの最盛期の演奏ではない。
 今回紹介する《Diz N' Bird At Carniegie Hall》は、バードの最盛期である1947年のライヴ演奏で、バードの最高のパートナーであるトランペット奏者、ディズ(ディジー・ガレスピー)との共演を、かなり良い録音状態で楽しめる。A Night In TunisiaやGroovin' High、Confirmation、Kokoなどの名曲が、臨場感のある音質で楽しめる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:05| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする