2019年05月02日

函館本線の謎(3)

 森までは本線を走り、その先から砂原支線に入った。進行方向の左前方に見えるのが駒ヶ岳である。山頂が磐梯山みたいに二つに分かれ、稜線の広がりに比べてやけに低い。標高1131メートルしかない。かつては富士山のように美しい成層火山だったが、1640年(寛永17)の大噴火で山体崩壊を起こした。内浦湾に大津波を起こし、700名余りの犠牲者を出したという。ただ、駒ヶ岳の噴火がなければ、大沼・小沼の景勝地も生まれなかったわけだが。
 砂原支線は単線で駒ヶ岳を右に、太平洋を左に麓を大きく迂回していく。海岸線から離れると、ほとんど林の間を進む。線路の両脇の視界を遮るほどに、木々は大きく生長していた。いかにも赤字ローカル線といった雰囲気である。しかも、かなりスピードが遅い。速度制限をかけているらしい。北海道新幹線が札幌まで延びたら、生き延びられるかどうか?
 平成に入ってからは、気動車の馬力も上がり、上り下りともに本線を走るようになった。砂原支線を通るのは、今やローカル列車と貨物のみである。初めて旅した時から35年、大学生の時見た風景を求めること自体、無理だったのかもしれない。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:59| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「男はつらいよ」おぼえがき(ePub)

 山田洋次監督の『男はつらいよ』のシリーズは、葛飾柴又を舞台にテキ屋稼業で全国を旅した車寅次郎を描き、国民的な人気を博した映画です。これは『男はつらいよ』の全作品を鑑賞した「おぼえがき」に過ぎませんが、旅した土地やヒロインについて感じたこと、思い浮かんだことをまとめてみました。制作された全作品を年代順に並べ、目次から見たいページに移動できます。
 以下のリンクからダウンロードしてください。4.5メガありますので、環境によっては多少時間がかかります。 
oboegaki.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

追伸

 当初の誤植は訂正してあります。すでにダウンロードされている方は、差し替えていただけると幸甚です。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:52| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする