2019年04月19日

洞爺湖に幻の霊山現る(6)

 歩けるから大事には至らなかったようだ。ホテルに戻り、先に夕食を取ることにした。正面の大ガラスには、闇に沈みつつある洞爺湖が映っていた。食事を済ましてから仮眠した。午後十一時に大浴場に向かった。温泉は硫酸系の成分と塩分、炭酸などが含まれた透明な湯で、肌がすべすべになる。

 翌朝、友人がカーテンを開けると、目を疑ってしまった。夢でも見ているのだろうか。洞爺湖の中島の左彼方に、幻のように巨大な成層火山が、雪をいただいて誇り高くそびえていた。高さは中島と同じくらいに見えるが、実際にははるか遠くにあり、雲の多かった昨日は姿が見えず、晴れ上がった今朝、全容が映し出されたのだった。
 羊蹄山だった。蝦夷富士とも呼ばれる。なるほど、形の美しさと言い、堂々とした偉容と言い、富士の名にふさわしかった。蝦夷地にも富士があったのか。利尻富士や渡島富士もあるが、羊蹄山こそ北海道随一の名山の名にふさわしい。
 二十一歳の頃、僕は洞爺湖を訪れているが、その時は羊蹄山に気づいていたのだろうか。夏の終わりだったから、雪はかぶっていなかった。千年ほど噴火していないため、山頂まで緑に覆われている。火口は2キロに渡り、山麓には湖もある。記憶をたどると、確かに羊蹄山はあった。異様に大きな緑の山が。火山としか思えない形をしながら、全山緑に覆われていたな。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:02| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする