2019年04月05日

ぼくがダライラマ?(69)

               九


 それ以来、ぼくは剃髪することを拒否した。黄色い袈裟はまとっていたが、髪が伸びて肩にかかるほどになっていた。半僧半俗といった出で立ちで、日暮れにポタラ宮を抜け出したりしていた。摂政から再三の忠告があったが、仏道修行も半ば放棄してしまった。
 すでにラサにも冬が訪れていた。雪も岩肌をまだらに覆うだけで、ヒマラヤの山々のようには積もらない。ポタラ宮から眺められる街並みも、うっすら薄化粧している。葉の落ちた柳の枝には霧氷がまとわりついて、朝日を受けて輝き、キチュ河の中州に降りた霧は、白い絹地のように照り映えている。
 その日はいつになく、朝から大雪になっていた。石造りの平屋根の民家は、綿をかぶったようになり、そこに立てられたタルチョ(祈祷旗)も、凍りついて垂れ下がり、風が吹いても翻ることはなかった。
 長い一日が過ぎてゆく。日が落ちる時刻になって、ようやく雪は降りやんだ。民家の窓にかかった幕から、明かりが洩れるようになった。そこには夫婦と子供が住んでいて、出来事を語り合っていることだろう。(つづく)



「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:15| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする