2019年04月02日

札幌人は夜遊びがお好き?(5)

 明日の夜はもう札幌にいない、半ラーメンでもいいから食べようと言うと、さっき大盛を食べたから無理だとの答え。そこで、少しお腹がすくまで、量販店のドンキホーテで時間を潰すことになった。
 すでに午前二時だというのに、サラリーマンも学生も大勢歩いている。向かった先のすすき野店は、ビルの二階にあった。黒と白を基調にした、広くてきれいな店である。友人はもう味噌は受け付けないと言って、塩味の半ラーメンにした。僕は味噌味の半ラーメンを注文した。おいしかったのだが、さすがに味噌の連続で喉が渇いた。友人のスープを味見したら、塩ラーメンの方がおいしいではないか。さっぱりとしながらも、いいだしが出ている。
 隣のラーメンがおいしいとは、これいかに? ホテルに戻ったら、もう疲労の限界だった。ソファに座ったまま居眠りしてしまった。時計を見ると、午前三時半。シャワーも浴びずに着替えて寝た。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:28| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「は」と「が」の使い分け(第3版)

 日本人が何気なく使っている「は」と「が」は、外国人の日本語学習者には、なかなか習得することが難しい。同様の区別がある韓国語の話者なら、すぐに理解してもらえるが、中国人や欧米人には、煩雑すぎてなかなか理解してもらえない。読んだり聞いたりする分には問題なくても、いざ表現する段になると、上級レベルの学生でも間違えてしまうことが多い。
 古代の日本語では主題の「は」は、用いられていたが、主格の「が」の位置には何も現れなかった。「我が国」の例に見られるように、現代語では所有の「の」に相当する表現として、「が」は用いられていたのである。

 色は匂へど散りぬるを(現象である花は咲いても散ってしまうのに)「いろは歌」

 むかし、男ありけり。(昔、男がいた。)「伊勢物語」

 外国人は初級で「は」と「が」を習うのだが、基本的な用法を習得しないまま、さまざまな用例にぶつかって、混乱してしまうことが多い。とりあえず辞書を見れば、文法的な説明は書いてあるのだが、細かく分類してあるので、途方に暮れてしまいがちである。外国人に微妙な使い分けを教える場合は、要点をとらえて、これだけ知っていれば、九割方は正しく使いこなせるようにするのが、実用的な教え方である。
 留学生に「は」と「が」の使い分けを、分かりやすく説明してほしいと頼まれたので、試みに資料を作ってみた。外国人の中級・上級レベルの学生に教える場合や、日本語学習者で使い分けの区別を確認したい場合は、以下のリンクでpdfの文書を開いてみてほしい。
watoga.pdf

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


posted by 高野敦志 at 00:38| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする