2019年03月31日

札幌人は夜遊びがお好き?(3)

 札幌の名物の一つがラーメンだ。「札幌のラーメンって、バターとコーンが入ってるやつでしょ」と言われそうだが、それは東京の人間の思い込みで、札幌の本場のラーメンは味噌味で太麺。少し縮れていた方がスープにからんでおいしい。
 ラーメン屋が軒を連ねているのが、これから向かうラーメン横丁である。すすき野に二箇所ある。元祖ラーメン横丁が中央区南5条西3丁目、新ラーメン横丁が中央区南4条西3丁目。ともにビルの中にある。新ラーメン横丁を見てから、店の数が多い元祖ラーメン横丁に向かった。ビル内の通りの左右がすべてラーメン屋になっている。
 札幌はどこもラーメンがおいしいので、すすき野周辺に住むか通うのでなければ、ラーメン横丁まで出て来る人はまれで、ここを訪れるのは観光客が多いらしい。どの店も小さく、一度に十人ほどしか入れない。店先の写真を見てると、どれもおいしそうで目移りしてしまう。
 今回はひぐまという店に入った。友人は濃厚味噌味を食べた。僕は辛い物が好きなので、真っ赤な辛味噌にした。おいしいにはおいしいのだが、辛くすると味覚が麻痺して、微妙な違いが分からなくなる。チゲでも食べてる気分になった。友人のラーメンのスープを少し飲ませてもらった。濃厚な味噌に酒粕が入っているのか、少し甘みもあって、ほっとさせられる味である。札幌まで来て、どうして濃厚味噌にしなかったのか!(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:34| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする