2019年03月19日

nano iDSD BLACK LABELを買った(1)

 オーディオにはまると、きりがなくなる。舌が肥えるのと同じで、いい音を聴いてしまうと、それまで聴いていた音質では満足できなくなる。ウォークマンを買ってからは、mp3などの不可逆圧縮のファイルは聴く気がしなくなった。
 MQA-CDをウォークマンで聴いてからは、ジャズ関連のMQA-CDを買いあさった。MQAといっても、音楽配信サイトのファイルは96kHzだから、MQA-CDの352.8KHzの音と比べると、同じMQAでも物足りなさを感じた。音は鮮明だけれども、ダイナミックな力と鮮烈な印象は弱い。
 さて、ウォークマンでもMQAをフルデコードできるので、一応満足していたのだが、パソコンからMQAを出力してみたくなった。また、ウォークマンはCD音質を176.4kHzにアップサンプリングしてくれるのだが、もっといい音で聴きたいと思った。そこで、とりあえず、Audirvana Plus(https://audirvana.com/)をダウンロードして、コルグのDS-DAC-100mで聴いてみた。これはCD音質をDSD5.6MHz(DSD128)にまでアップサンプリングしてくれる。PCMは音が尖っているのだが、DSDは真空管で出した音のようにまろやかで、魂にぐっとくるような音が出る。痺れるような音になるのだ。DSDにはさらに11.2MHz(DSD256)もあり、僕にとっては未体験領域だった。
 ただ、コルグのDS-DAC-100mはMQAに対応していない。Audirvana Plusではコアの88.2kHzまでしかデコードできない。いい音ではあるが、フルデコードの音と比較すると、奥行きも深みも足りない。そこで、MQAに対応したレンダラーを探していたら、iFiのnano iDSD BLACK LABELの評価が高いことが分かった。値段と評判を考えると、これがベストだろうと考えて、購入することにした。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:43| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする