2019年03月15日

大地震が切迫している?

 日本各地の地震活動が活発化している。近い将来、大地震が発生する危険があるのは、千島列島から襟裳岬にかけての千島海溝、青森沖、日本海溝のアウタラーズ、房総沖、東海沖から日向沖にかけての南海トラフ、琉球トラフなどで、それ以外にも内陸の直下型地震の恐れがある。
 問題はどこの大地震が切迫しているかである。最も危険なのは、東南海を中心とした南海トラフだろう。紀伊水道方面で夜間、発光現象が見られた(https://twitter.com/mkn_gbp3/status/1105459425844686848)。これは大地震の前兆としては、かなり危険な兆候だろう。関東大震災の直前にも、箱根山で発光現象が見られたという。紀伊半島ではスロースリップが続いている上に、群発地震も止まらないので、厳重な警戒が必要である。
 以前『続日本紀』を読んでいたら、毎月のように大地震が日本各地を襲い、聖武天皇が嘆いているさまが記録されていた。恐怖心をあおるわけではないが、日本列島では大地震が切迫していて、それが頻発する恐れさえある。しかも、古代にはなかった原発が。特に心配なのは、浜岡、伊方、川内の原発である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:00| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする