2019年03月23日

長崎のグラバー邸(1)

 路面電車の石橋行きに乗り、終点で下車する。ケーブルカーのような斜面を上るエレベーターがある。四階は住宅地で、五階までケーブルに引かれ、一本のレールの上を滑っていく。上りきったところで、さらに垂直のエレベーターに乗る。
 グラバー園はイギリスの貿易商、グラバーの邸宅だった場所である。時代劇のファンなら、土佐藩を脱藩した坂本龍馬が、グラバーから資金や武器を調達された話をご存じだろう。実は背後にはユダヤの豪商、ロスチャイルド家があり、一方、幕府を援助したフランスの背後にもロスチャイルド家の分家があった。日本国内で内戦を起こして、薩長が勝っても幕府が勝っても、一儲けできると皮算用していたのだ。グラバーの屋敷には天井に秘密部屋があり、そこに坂本龍馬ら幕末の志士をかくまっていたと言われる。
 ところが、内戦を恐れた坂本龍馬が奔走し、土佐藩主山内容堂を通して、徳川慶喜に大政奉還を進言したため、戊辰戦争などを除けば、全土が焦土と化すことは免れた。当てが外れたグラバー商会は倒産し、内戦回避に尽力した龍馬は命を落とすことになった。
 大河ドラマではそうした真相に触れないから、憂国の下級武士が団結して幕府を倒した美談に仕立て上げている。だが、明治時代の人間は明治維新の実話を知っていたから、夏目漱石も「維新」などとは言わず、「瓦解」と呼んでいる。幕府の崩壊とともに、日本がイギリスの属国のようになってしまったからだろう。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

nano iDSD BLACK LABELを買った(3)

 肝心の音質であるが、ネットでの評判に違わず申し分ない。高級オーディオの音を出している。パワーがあるので、ハイレゾ対応のヘッドフォンで聴くといい。イヤフォンだとこの深みとダイナミックな音質を生かし切れない。無理に音を大きくすると、耳を痛めてしまうだろう。ウォークマンもあの小さな端末で、かなり頑張っていると思うのだが、消費電力が限られているから、パソコンとDACの連携にはかなわない。
 フルデコードしたMQAの音質は、ウォークマンとほぼ同じだが、深みとダイナミズムではるかにまさっている。高価なオーディオ・システム以外で、MQAの特質を最大限に引き出すには、パソコンのソフトウェアとレンダラーを連携させる必要がある。
 CDの音も11.2Mhz(DSD256)にアップサンプリングすると、これまた今まで聴いたことがない素晴らしい音になった。特に録音状態がいいアルバムでは、その効果は絶大である。こんなにいい音に変化するなら、リマスターしたCDで十分である。DSD5.6MHz(DSD128)も素晴らしいと思ったが、こちらは数倍も上である。
 なお、11.2Mhz(DSD256)へのアップサンプリングはパソコンにとっては過酷であり、CPUもメモリも8割以上、Audirvana Plusが占領してしまっている。メモリを8ギガ積んでいてもである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:28| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

nano iDSD BLACK LABELを買った(2)

 nano iDSD BLACK LABELが届いたので、箱を開けてみた。小ささに驚いた。厚みはあるけれども、大きさはコルグのDS-DAC-100mの半分しかない。コンパクトな筐体の中に最新の技術が詰まっているらしい。
 さて、梱包されていたのは本体とコード類、本体を入れる袋と英語の説明書。日本語の説明書はない。iFi-audio.jp(http://ifi-audio.jp/)のページを見てくれということらしい。ただ、機能や注意事項は英語の説明書の方が詳しい。海外の製品を買う場合は、やはり英語が読めた方がいい。
 慣れれば直観的に扱える。Windowsで使う場合は、あらかじめドライバーを上記のページからダウンロードしておく。対応しているのはWindows8.1以上である。nano iDSD BLACK LABELを接続してスイッチをonにしてから、ドライバーをインストールすること。これに関しては、ダウンロードするページに注意書きが書いてある。
 インストールが終わったので、早速使ってみることにした。Audirvana Plus(https://audirvana.com/)を立ち上げ、ドライバーは
iFiを選択し、MQAを自動で探知に、DACはレンダラーに設定しておく。アップサンプリングはDSDの11.2MHz(DSD256)まで可能となった。設定の切り替えをするときは、いったんライブラリーに戻ってからにすること。戻らずに選択すると、フリーズするかもしれない。また、異なる種類のファイルを再生するときは、冒頭に雑音が発生することがある。その場合には、いったんAudirvana Plusを終了してから、設定を切り替えて再生すればいい。
 フィルターにはMeasureとListenがある。通常は音楽鑑賞に最適化されたListenを選択する。音質の測定を行ったりする場合には、Measureを選択する。ヘッドフォンの差し込み口も二種類ある。そのままの音を聴くならDirect、雑音が気になる場合には、iEMatchに差し込む。それ以外に、3.5mmのラインアウトがついている。ボリュームの調節もnano iDSD BLACK LABELで行う。ランプは再生されるファイルの種類によって異なる。例えば、MQAがデコードされているときは、紫色のランプがつく。これに関しては、英語の説明書に詳しく書いてある。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:37| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする