2019年02月28日

函館本線の謎

 北海道新幹線が新青森から新函館北斗まで開通し、津軽海峡線は暫定的な使命を終えた。ただ、新函館北斗駅は函館市街から離れ、不便だという声が聞かれる。北海道新幹線は将来、札幌や旭川までの開通を目指しているから、函館市街に新幹線の駅を作るには、秋田新幹線のようにスイッチバックせざるを得ない。それに、函館市街に駅を作ると、札幌までの距離が遠くなり、競合する飛行機に対して不利なため、北斗市内に駅を作ることになったのだろう。
 北海道新幹線は新函館北斗の先に、新八雲、長万部、倶知安、新小樽、札幌というコースで敷設される。函館本線と併行する路線が計画されており、札幌まで新幹線が開通すれば、函館本線はJR北海道から分離され、第三セクターの路線となることだろう。
 そこで、まず浮かぶ疑問は、函館、札幌間を短距離で結ぶには、長万部から倶知安、小樽とたどるコースが最適なのに、現在、函館〜札幌間の特急列車は、なぜ室蘭本線経由の遠回りになっているかという点である。その理由としては、長万部〜小樽間は、急勾配と急カーブが続くため、高速で走行するのが容易ではないということ、室蘭本線経由だと、洞爺湖や登別温泉などの観光地を通り、室蘭、苫小牧などの人口密集地域や、新千歳空港に接続することが挙げられる。新幹線は多数のトンネルで最短距離を走ることで、急勾配や急カーブを克服し、飛行機との競争を有利に運ぼうとしているというわけだ。
 次に、函館本線には砂原支線という迂回ルートと、藤代支線という短距離ルートが存在する。砂原支線は大沼から駒ヶ岳の東側を海岸線に沿って進む。一方。藤代支線は七飯から大沼までを高架とトンネルで結ぶ。ともに本線の勾配が急なためである。かつては函館発の下りは藤代支線と砂原支線を通り、上りは大沼公園や仁山を経由する本線を通っていた。
 気動車の馬力が上がったことで、大沼〜森間はすべて本線を走るようになり、砂原支線はローカル線となった。一方、藤代支線は特急や貨物の下りが通り、上りは本線を通っていたが、北海道新幹線の開通にともない、本線の渡島大野駅が新函館北斗駅と改称され、特急列車に関しては、下り線の上り坂も本線を通って新函館北斗駅に接続するようになった。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 13:37| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする