2019年01月30日

Skypeの新機能

 インターネットのテレビ電話ともいうべきSkypeは、外国人や日本人の中高年に使われている。若者のコミュニケーションは、現在ではLINE一色である。ただ、特定の相手と画面を共有したり、会社で会議をしたり、海外にアクセスするのなら、Skypeの方が一般的なのではないか。
 Skypeはパソコンでもスマホでも使える。最近、Windows版を使っていて、気になる機能を二つ見つけた。一つは「知り合いかもしれない人」を紹介する機能。実は友人が、見知らぬハンドルネームが「知り合いかもしれない人」のリストに入っていると言った。「それは僕の妹だよ」と自分は答えた。知り合いの知り合いは、知り合い同士かもしれないという発想である。これについては、賛否両論だろう。出てきたリストは、アクセス拒否することができる。
 もう一つの機能は、字幕の機能である。Skypeで会話しながら、わけも分からず、字幕を有効にしたら、人工知能のような壊れた日本語が表示された。でも、よく観察すると、表示される言葉は、少し前の会話で出てきたものである。なぜ壊れた日本語になったのか。一つはこちらが早口で、コンピューターが発音を認識できなかったのと、しばらく会話を続けないと、こちらの発音の特徴をとらえられないからだろう。外国人に話すようにゆっくり話すと、言ったとおりに文字化された。
 ここで気になるのがセキュリティ。Skypeの場合は暗号化されているから、他のユーザーに盗聴される恐れはない。ただ、字幕の機能を使っている場合、音声はマイクロソフトのコンピューターに送信され、自動で文字化されていると考えられる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:20| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする