2019年01月27日

ディーパック・チョプラの『ライフ・アフター・デス』について(1)

 全身麻痺の難病に冒された理論物理学者のホーキング博士は、人間の死を壊れたコンピューターにたとえた。コンヒューターが壊れて電源が入らなければ、保存された情報も取り出せない。死者の脳に蓄えられていた知識も、遺体が火葬にされてしまえば消滅する。人間機械論は18世紀にフランスで流行したが、現代社会では人間の死は消滅を意味する。人間の意識が脳の活動の結果に過ぎないなら、コンピューターが高度に発達すれば、人間の知能を上回るという考えも出てくる。
 では、余命数年のはずのホーキング博士が、50年以上も宇宙の研究を続けられたのはなぜか。探究心の強さが肉体の限界を超える研究を可能にしたのではないか。意識には肉体を超えた力があると考えられる。その一方、量子物理学によれば、この世界に安定した物質は存在せず、すべては波動に過ぎない。それを時空を伴った世界と認識しているのは、人間の意識であるという。
 インド生まれの医学博士ディーパック・チョプラは、前世の意識を持ったり、殺害されたときの傷を持った子供の例を挙げ、死後の世界が存在すると主張する。意識というものは、個体に限定されるものではなく、個体の周囲に広がるもので、脳を持たない植物でも、人間の意識を読み取ることができる。天才的な能力を表す知的障害者は、歴史上のある日の曜日を瞬時に導き出したりするが、これはそうした障害者が、アカーシャ(空)に蓄えられている情報、アカシックレコードにアクセスしているからではないか。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:17| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする