2019年01月16日

ニック・ライオンの『シン・アルマゲドン』(2)

 この映画については、納得できない点がいくつかある。あくまで空想の産物なのだから、何でもありの世界ではあるが、宇宙物理学を参考にした設定にしないと、まともな観客はついていけない。
 第一にエネルギー装置が貧弱すぎる。ワームホールを作るなら、一周数十キロの巨大トンネルといった装置を作らなければ、真実らしさは皆無なのではないか。
 第二に、ワームホールとは、ブラックホールとホワイトホールをつなぐ穴である。仮にワームホールができたとしても、それを通過する間に、地球のすべての存在は押しつぶされ、素粒子レベルまで粉々にされてしまう。それなのに、建物も人間も残っているはずがない。
 第三に、仮にワームホールを通過できたとしても、太陽系の位置に戻るためには、再度ワームホールを通過しなければならず、大惨事が襲いかかるのは必至である。無事に太陽系の位置に戻れるという保証はない。
 最後に、再度ワームホールを通過して生き残ったとしても、荒廃した地球しか残っていないはずで、何もなかったかのように終わる結末は、SFとしても受け容れがたい。
 ワームホールが空間の移動にのみ関わっていたのなら、以前の状態に戻るはずがないし、ワームホールが時間にも関与していたなら、いったん呑み込まれる前の時間に戻っても、時間の経過とともに、再度エネルギー装置の暴走が起こり、地球はワームホールに呑み込まれてしまうからである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:25| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする