2019年01月14日

MQA-CDをウォークマンで聴く簡便な方法

 私はMQA-CDをリッピングして、ウォークマンで聴いています。352.8khz/24bitの音質に満足しています。リッピングの最も簡単な方法を説明します。まず、MQATagRestorerを(http://www.mqa.co.uk/customer/tag435sdf43te)からダウンロードしてインストールしておきます。SONYのMusic Center for PC(https://musiccenter.sony.net/ja/)でリッピングします。出来上がったら、flac形式で圧縮されたファイルのフォルダを、MQATagRestorerのウィンドウにドラッグします。すると、新しいファイルが「MQA」サブフォルダにできているので、それをSONYのMusic Center for PCでウォークマンに転送します。最初にリッピングしてできたフォルダのファイルは、MQAとしてデコードできませんので、捨ててしまって構いません。
 なお、MQATagRestorerには使用法を記したpdfファイルが梱包されているので、使用前にご覧下さい。
 ちなみに、e-onkyo(http://www.e-onkyo.com/music/)などで販売されているMQAファイルは、96khzや192khzなので、MQA-CDの352.8khzの音と比較すると、迫真性では劣ります。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:00| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Political debate brodcasted by NHK

 NHK broadcasted a political debate program. However, only Prime Minister Abe's remarks were recorded before the debate. Therefore, opposition politicians could not comment on his remarks. Nonetheless, it broadcasted as a debate between Abe and them. This is deceiving on the Japanese people.

 NHK a diffusé un programme de débat politique. Mais, seules les remarques du Premier ministre Abe ont été enregistrées avant le débat. Par conséquent, les politiciens de l'opposition ne pouvaient commenter ses propos. Néanmoins, cela a été diffusé sous forme de débat entre Abe et eux. C'est décevant pour le peuple japonais.

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:36| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

さくらももこの『もものかんづめ』(2)

 どのエッセイも抱腹絶倒なのだが、「乙女のバカ心」は絶品である。女の子のありがちな姿もここまで極端になると、ただ者ではないということになる。「バカ心」も天才と紙一重、というわけだ。渡辺徹に憧れてファンレターを出し、返事が来て恋人になり、スキャンダルに発展すると空想するくらいなら、女の子にありがちなことだろう。けれども、理想のボーイフレンドを想像すると、自分も良家のお嬢様になった気分となり、ラブストーリーが展開して、その世界に生きてしまうとなると、少々やばい感じになる。
 しかも「夢みる乙女の日記帳」なるものを二年半も書き続け、余りの恥ずかしさに筆者自身も「バカッバカッ、こんなもん書いてた私のバカ。こんな詩に、下手なカラーイラストまでつけていたのだから死にたくなる」と、笑ってしまっているのだ。
 芸人は自分が笑ってはならず、お客を笑わせるものだと言われるが、物書きは笑ってしまってもいい。そこが文章の特質であり、「バカ心」を表現している段階で、書き手は自身を客観化しており、笑いの壺がどこにあるかとらえている。そもそも、書き手自身が面白いと思わない題材が、読み手にとって面白いはずがないではないか。
 何はともあれ、手に取って読んでみるといい。次から次へと展開する逸話に、時が経つのも忘れてしまう。「そこまで言うか」という内容も含まれており、お堅いお方は目を背けるかもしれない。ただ、そんな人間は、そもそもこの本を手にすることはないだろう。

参考文献 さくらももこ著『もものかんづめろ』(集英社)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 06:12| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする