2019年01月17日

南海トラフ巨大地震

 地震予知はまだ実証科学の域に達していないと言われる。地震を発生を予測させる前兆が、地震以外の前兆、たとえば火山噴火の前兆だったりするからである。また、大地震の規模が大きいほど、発生が先延ばしになる傾向がある。
 大地震の前兆は、継続時間が長いほど、発生する地震の規模は大きいとされる。地震発生が近づくと、突然、嵐の前の静けさが訪れ、ほどなく発震する。ただ、いったん静穏化しても、発震することなく前兆が再び出れば、地震の発生は延期され、予想される地震規模は大きくなる。
 複数の地震予知サイトが、大地震の発生を予想した場合、警戒をした方がいいだろう。現に紀伊半島や房総半島の先端で、群発地震やスロースリップが起きている現状を鑑みれば、南海トラフ巨大地震の発生は切迫していると見た方がいい。
 すでに国内外の地震予知サイトが、南海トラフ巨大地震の発生を予測している。東南海地震が発生した場合、安政東海地震以来、160年以上発生していない東海地震を誘発しかねない。予測される地震規模は、単独の発生の場合、マグニチュード7以上、連動した場合はマグニチュード8以上になるだろう。
 地震そのものの被害に加え、大津波の発生が危惧される。浜岡原発、伊方原発、川内原発が全電源喪失しないように、高台に電源車を待機させておく必要がある。津波の被害は南日本の太平洋沿岸に及ぶと考えられる。
 盲点として恐れられているのは、震源からやや離れた東京で、高層ビルが長周期地震動によって共振を起こすことである。最悪の場合は、高層ビルも損壊する恐れがある。また、東京湾の津波は4メートル程度とされるが、河川を逆流して内陸部まで浸水しかねない。駒込の六義園まで津波が来たことを、大半の人は知らないだろう。荒川沿いの0メートル地帯も、津波が発生した場合は、すみやかな避難が必要だろう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:22| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

ニック・ライオンの『シン・アルマゲドン』(2)

 この映画については、納得できない点がいくつかある。あくまで空想の産物なのだから、何でもありの世界ではあるが、宇宙物理学を参考にした設定にしないと、まともな観客はついていけない。
 第一にエネルギー装置が貧弱すぎる。ワームホールを作るなら、一周数十キロの巨大トンネルといった装置を作らなければ、真実らしさは皆無なのではないか。
 第二に、ワームホールとは、ブラックホールとホワイトホールをつなぐ穴である。仮にワームホールができたとしても、それを通過する間に、地球のすべての存在は押しつぶされ、素粒子レベルまで粉々にされてしまう。それなのに、建物も人間も残っているはずがない。
 第三に、仮にワームホールを通過できたとしても、太陽系の位置に戻るためには、再度ワームホールを通過しなければならず、大惨事が襲いかかるのは必至である。無事に太陽系の位置に戻れるという保証はない。
 最後に、再度ワームホールを通過して生き残ったとしても、荒廃した地球しか残っていないはずで、何もなかったかのように終わる結末は、SFとしても受け容れがたい。
 ワームホールが空間の移動にのみ関わっていたのなら、以前の状態に戻るはずがないし、ワームホールが時間にも関与していたなら、いったん呑み込まれる前の時間に戻っても、時間の経過とともに、再度エネルギー装置の暴走が起こり、地球はワームホールに呑み込まれてしまうからである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:25| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

ニック・ライオンの『シン・アルマゲドン』(1)

 アルマゲドン(ハルマゲドン)とは、『ヨハネの黙示録』で説かれている、世界の終末に行われる最終戦争のことで、映画のタイトルとしては「この世の終わり」ぐらいの意味で使われている。このSF映画では、人工的なエネルギー装置の暴走により、地球近くに宇宙の穴、ワームホールが作られ、地球が呑み込まれて、別の宇宙空間に移動してしまうという設定である。
 そこには二つの太陽が存在し、絶え間なく降る隕石と、高電圧の霧の襲来で、建物ばかりでなく、人間の心身も破壊されていく。たとえ死ななくても、精神に異常を来してしまう。主人公のコリンは、エネギー装置を完成させたが、それを政府に売ることは拒絶した。ところが、陰謀に巻き込まれて、装置は稼働させられて暴走、ワームホールの出現と別の宇宙への移動という大惨事に陥る。
 主人公のコリンは長らく記憶を喪失していた。意識が戻ってからは、地球移動後の現在と、移動前の過去を意識で往来して、惨事がどのようにして起きたかを思い出す。再びエネルギー装置を稼働させることで、ワームホールを再度生み出し、地球を太陽系の元の位置に戻すことに成功する。すると、地球は大惨事など何もなかったかのような、平和な世界に戻っているという結末。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:36| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする