2018年12月27日

MQAにまつわる謎(2)

 さて、ここまで読んでもわけが分からないと思う方が大半だと思われるが、352.8kHz/24bitの超高音質は、超絶した音空間を構築するので、澄み切った迫力のある音に圧倒される。今まで述べたことを理解した上で、実際に再生された音を聴けば、苦労は十分に報われると思われる。
 なお、MQAに対応した携帯プレーヤーで聴く場合には、当然のことながらハイレゾ対応のイヤフォンやヘッドフォンが必要となる。これは差し込むプラグに、三本の黒い線がある。形状が通常のオーディオ機器と異なるので、ハイレゾ用のイヤフォンを、パソコンやiPod-touchなどに接続すると、差し込み口が破壊されるおそれがある。
 これですべての謎が解けたわけではない。e-onkyo music(http://www.e-onkyo.com/music/)などでは、MQAファイルそのものをダウンロード販売している。こちらはMQA-CDと異なり、リッピングする手間が必要ない。ただし、ファイルの大きさは小さくない。24bitのファイルだからである。MQA-CDでは通常の16bitのうち、2bitを高音質の情報を折りたたむために使っている。デコードした段階で24ビットに変換される。ところが、ダウンロードしたファイルは、デコードする以前から24bitであり、これはMQA-CDとは異なり、2bitを高音質の情報を格納するのに転用することを避けているからだと推測される。
 ファイルが大きいだけではない。ダウンロード販売されているファイルの多くは、96kHzか176.4kHzである。CDと比べれば澄んだいい音をしているのだが、352.8kHzの超絶的な高音質には及ばない。これはダウンロード販売されているファイルが、24bitであることと関係している。352.8kHzではダウンロードに時間がかかりすぎること、ソフトウェアでも96kHzまではデコードできること、MQA対応のDACのうち、安価な物は192kHzまでしか対応していないことなどが考えられる。要するに、汎用性を優先しているというわけである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:30| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする