2018年12月26日

MQAにまつわる謎(1)

 MQA-CDは容量の小さいハイレゾで、リッピングもできる。リッピングしたファイルは16bitと表示されるのに、MQAに対応した機器に接続すると、24ビットにデコードされる。しかも、MQA-CDの多くは352.8KHzの情報まで記録されているのに、通常のCDの規格である44.1kHzのファイルと、大きさがほぼ同じである。
 その謎はCDの16bitのうち、耳に聞こえない2bitに、高音質の情報が折りたたんで収納されているからだという。しかも、通常のCDである44.1kHzの情報に加えて、88.2kHz、176.4kHz、352.8KHzというふうに、対応する機器によってデコードできる音域が異なってくる。
 MQA-CDのすべての情報をデコードするには、対応するオーディオ設備をそろえるか、対応するパソコンのソフトウェアで、88.2kHZまでデコードして、残りをレンダラーと言われる機器でデコードした上で、既存のオーディオに接続する。いずれにしてもかなりの投資が必要である。対応するソフトウェアとしては、Audirvana Plus(https://audirvana.com/)やroon(https://roonlabs.com/)などがある。
 もっとも安価な方法は、MQAに対応した携帯プレーヤーで聴くという方法である。この場合でも、MQA-CDを通常のソフトでリッピングしただけでは、44.1kHzのCD規格の情報しか再生されない。リッピングしたファイルに、MQA Tag Restorer(http://www.mqa.co.uk/customer/tag435sdf43te)などを用いて、タグ情報を書き込んでおく必要がある。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:28| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする