2018年12月16日

余りの寒さに葡萄も冬眠?(3)

 池田駅に着いた。北海道はアイヌ語由来の地名が多いが、池田は異なる。徳川慶喜の息子が経営していた池田農園に、根室本線の駅ができたことによる。それが町名として採用されたという。
 ところで、何で池田でなんか下りたのかと聞かれそうだ。「あれだろ」と友人が指さした。これから目指すワイン城である。池田と言ったら、ワイン城ぐらいしか見る物がない。向かう人影も僅かだった。
 ワイン城は根室本線をまたいだ跨線橋の先、向かいの丘の上にある。すでに午前十一時を回っており、見学希望者を募るアナウンスが入った。先着20名と聞いていたから、もう間に合わないかもと思った。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする