2018年11月19日

冨田勲の『宇宙幻想』

 シンセサイザーによる演奏が、全く新しい音楽の到来を予感させた。コンピューターの出す音は、アナログの楽器を模したはずだが、それが全くかけ離れていたところに、未来社会の到来を空想させてくれた。未来に対する夢を抱けた幸福な時代の音楽である。
 1曲目の「スペース・ファンタジー」は、リヒャルト・シュトラウスの《ツァラトゥストラはかく語りき》とワグナーの《ワルキューレの騎行》《タンホイザー序曲》をミックスした作品。ゾロアスター教の預言者、ツァラトゥストラの登場を表す荘重な出だしから、ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環』の神話的世界が、時空を超えた夢のように、渾然一体とした音の世界を形作っている。
 2曲目はオネゲルの《パシフィック231》。これは蒸気機関車の車軸配置を表すという。発車を表すベルの音、周囲に鳴り響く汽笛、機関車はゆっくりと動き出し、速度を上げていくさまがリアルに表現されている。途中で通過する警報器の音が、ドップラー効果を響かせているところに感動したものである。
 3曲目の《答えのない質問》は、アイヴスの室内アンサンブル。歪んだ空間の中に、すうっと吸い込まれていく感じで、宇宙に潜む危険な罠を暗示しているかの印象である。
 4曲目はジョン・ウィリアムズの《スター・ウォーズのテーマ》。軽快な電子音と口笛らしい音で始まり、シンセサイザーの電子音を最大限に活かして、原曲をアレンジしている。作曲家をからかっていると思われるほど、いたずら心があふれた作品である。
 5曲目はロドリーゴの《アランフェス》。悲壮な美しさをたたえたギター曲を、シンセサイザーによって翻訳した作品。テーマは同じでも、地上とはるか彼方の異世界ほどに表現の仕方が異なる。
 6曲目はグリーグの《ソルヴェーグの歌》。これはグリーグの組曲《ペール・ギュント》の第2組曲をアレンジしたもの。悲痛な短調の響きは、主人公ペール・ギュントを待ち続けた村の娘。ソルヴェーグの思いを表している。ここでも、富田は茶化すように、曲の最後の音程を狂わしている。
 7曲目はディニクの《ホラ・スタッカート》。前の曲とは一転して軽妙で愉快な曲。スタッカートとは音楽用語で、一音符ずつ短く切ることを意味し、はね回る音符の踊りを見ているようである。 、
 8曲目は「ソラリスの海」。スタニスワフ・レムのSF『ソラリス』を、ソ連時代の映画監督タルコフスキーが映画化した。『惑星ソラリス』に富田は触発されたという。映画でもバッハの《我汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ》が用いられている。
 妻を自殺させてしまった主人公クリス・ケルヴィンは、宇宙船の中で亡き妻の幻覚に襲われる。罪悪感に苛まれたケルヴィンの姿を見て、原作者のレムはドストエフスキイの世界だと不満を洩らした。たしかにバッハの曲を背景に流すことで、タルコフスキーの映画は、SF仕立ての宗教劇の様相を帯びていた。
 この作品のテーマである惑星ソラリスは、星自体が生命体であるらしく、接近する者の意識を幻覚にいざなう。古代インド人は、宇宙を「マーヤ」(幻)と考えたが、ソラリスはそれを体現したような惑星である。《宇宙幻想》というアルバムの終結にふさわしい作品である。
 なお、海外版の《宇宙幻想》では、4曲目の《スター・ウォーズのテーマ》が第1曲目となっている。《スターウォーズ》の人気にあやかるためだろうが、国内盤の順序の方が、冨田勲の構想に忠実だと思われる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:45| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする