2018年11月18日

HARUの『銀河宇宙オデッセイ』

 1990年にNHKで放送された『銀河宇宙オデッセイ』は、宇宙旅行仕立てのドキュメンタリーで、少年時代の宇宙への夢を擬似的に実現させてくれた。オデッセイというタイトルは、ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』に由来する。ニューヨーク在住の日本人ギタリストHARUが作曲したテーマ曲を聴くと、番組を見た時の各場面がよみがえってくる。
 1曲目の「オデッセイ〜序曲」は、番組の冒頭で流された曲であり、僕自身が若かった頃の宇宙への憧れをよみがえってくる。2曲目の「イオ」は木星の惑星イオをテーマとした曲。宇宙に向かって噴火を続ける星が、地球以外にあったという点で、観測当時は大きな衝撃を与えた。個性的な衛星をたたえるように「イオ、イオ」という呼びかけの声が、電子音楽にミックスされている。
 3曲目の「フォッシル・コスミック」は宇宙の化石という意味。宇宙空間に漂う星の残骸をイメージしているのか。ギターの華やかな演奏と、軽快で心弾むメロディーが印象的である。4曲目は「タイム・パラドックス」。時間の逆説とは、速度を上げて移動すると、時間の流れが遅くなる相対性理論をイメージしているのか。謎をかけるような、迷路に誘い込むような印象である。5曲目の「エピソード・オデッセイ」は、ひとときの休息を促すような、一日の終わりを告げるようなメロディー。
 6曲目の「ルナ」はラテン語で月を意味する。子供たちの歌声に始まり、月を見て宇宙に思いを馳せた幼い頃を思い起こさせる、ちょっと感傷的な音楽。7曲目の「タキオン」は、光速を超えて移動すると仮定されている粒子のこと。重低音の鈍い響きが、ミステリアスな空間のねじれへといざなう。もし光速を超えて移動できたら、時間が逆行してしまうが、未来から過去を改変できないというパラドックスにぶつかる。特殊相対性理論では、その存在は否定されていないというが。
 8曲目の「ネビュラ」は星雲のこと。宇宙空間に漂うガスであり、そこから新たな恒星が誕生する。あらゆる可能性を秘めながら、まだ始まっていない状態。期待だけが膨らんでも、人類の宇宙への旅は実際には始まっていない。9曲目はふたたび「テーマ」曲。1曲目のメロディーを変奏して、ゆったりとしたテンポで幕を閉じる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:33| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする