2018年10月23日

大山は「おおやま」にあらず(3)

 いよいよ登山が始まった。しばらくは石を埋め込んだ石段が続く。表面の凹凸が靴底に当たって痛い。底の厚い登山靴を履いてくるべきだった。次には木を横に渡した階段が続く。一段の高さが高い上に、傾斜がきついので息が切れる。ただ、今日は体調がいいからそれほどつらくはない。ブナ林の間を行くので見通しは余り良くない。
 一合目から二合目までは長かった。それから無心で登り続けたら、五合目の先にある行者谷コースとの合流点には、二時間ほどでたどり着いた。帰路はそちらを通ることにした。
 六合目には避難小屋があった。コンクリートの壁に扉と窓がはめ込まれた簡素な造りである。伯耆の大山は古い火山で、白い安山岩は風雨でぼろぼろに砕けていく。今登っている弥山も、一万七千年前の噴火による熔岩円頂丘だという。しかし、有史以来噴火記録もなく、火口も火山ガスも見当たらず、言われなければ、大山が火山とは気づかないだろう。ここで持ってきたチュロッキーを食べた。少し元気が出てきた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:11| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする