2018年09月16日

境港は妖怪の門前町(1)

 鳥取県境港は弓ヶ浜の先端、中海(なかのうみ)と美保湾にはさまれた漁港の町である。江戸時代には西回り航路の寄港地として栄えた。戦後は工業団地が造られたり、水産加工の工場ができたりした。隠岐へのフェリーも就航している。ただ、四半世紀前までは、一般の人には知られていなかった。

 今年の夏、友人とともに米子空港に下り立った。正式名は米子鬼太郎空港、鬼太郎とは水木しげるの妖怪漫画『ゲゲゲの鬼太郎』のことで、空港からほど近い境港は、水木しげるが育った町である。朝ドラで作者と夫人を描いた『ゲゲゲの女房』が放送されてからは、幅広い国民の人気を得るようになった。 
 着陸したのは午前十一時前で、空港の天井からは、鯨に乗った鬼太郎と妖怪たちの飾りが垂れ下がっていた。まず向かったのが、境港線の米子空港駅。境港線は非電化のローカル線で、一時間に一本しか列車がない。やって来たのは、鬼太郎列車。車体には鬼太郎と妖怪の絵が描かれている。中は幼児のけたたましい声があふれていた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:34| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする