2018年09月11日

ポイントカードの使い方

 ポイントカードには種類が多いが、最も普及しているのがTポイントカード、次いでポンタカードなのではないか。カードの種類が多いと、ポイントが分散してしまう。だから、利用できる店の多いカードを使うのが賢明である。まあ、別のポイントと交換してくれるサイトもあるが、交換率が必ずしも良くないので、元のカードのポイントで使った方がいい。
 僕はもっぱらTポイントカードを使っている。TSUTAYAを利用しているからだが、コンビニのファミリーマートや近隣のスーパー、Yahooの通販などでもポイントがたまる。たまったポイントは、小銭が足りないときに使うこともできるが、それだとせっかく貯めた有難みがない。貯めたポイントはCDをネットで買うときに使う。当然ながら、ポイントをたくさんつけてくれる店で買う。
 さて、ポンタカードは、コンビニのローソンや駅前のスーパーなどで使える。Tポイントカードほど使わないが、それでも塵も積もれば山で、数百ポイントはたまった。ただ、ポイントは長期間使わないと、期限切れで目減りしてしまう。そこで、CDを買うときに使える店を探した。
 HMVは本やCD、DVDなどを通販していて、ポンタカードのポイントも使える。ローソンと提携していて、注文して届け先を近くのローソンに指定すると、送料無料で受け取れる。届いたというメールが来たら、届け先のローソン店内にあるLoppiという端末で、受取券を発行してもらい、レジで商品と交換すればいい。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 14:45| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超短編集「夢現万華鏡」(ePub)

 星新一のショートショートよりも短いものは、300字小説だと言われます。古典に取材したもの、SF、寓話、シュールな夢幻の世界や、現実の場面を脚色したものなど、80篇余りを収録しました。無限に広がるイメージと戯れたり、何が暗示されているか謎解きをしましょう。
 以下のリンクからダウンロードして下さい。
kaleidoscope.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:33| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする