2018年08月30日

ヨーグルトメーカーで実際に作ってみた

 ヨーグルトメーカーを買って、実際にヨーグルトを作ることにした。そこで考えたのは、どんなヨーグルトを作るかということである。
 最初に気をつけなければならないのは、ヨーグルトの中には、熱処理をして殺菌してしまっているものもあるということ。L-92乳酸菌は菌が死んだ状態の方が、花粉症などに効果があるという。だから、ヨーグルトメーカーで発酵するはずがないのである。
 具体的にヨーグルトを作る方法は、ネットで検索すれば見つかる。ただし、人によって酸味が弱い方がいいか、よく固まっていた方がいいかなど好みが異なるから、微調整は必要である。ヨーグルトメーカーは、初期設定では40度、8時間となっているが、多くの場合、43度8時間が最適のようである。ただし、カスピ海ヨーグルトの場合、27度が最適温度だから、夏場だとエアコンの部屋で、ヨーグルトメーカーなしで作れる。
 実際に作ってみた感想だが、免疫力を高めると言われるR-1が、クリーミーでとてもおいしかった。ピロリ菌退治に効果があると言われるLG21は、酸味が強めだった。ガゼリ菌SP株は、肥満対策にいいらしいが、酸味はあまりなく甘みを感じた。個人的には、R-1が一番好みに合っていた。
 作る際には液体でも固体でもいいが、液体の方が注いでふたをして、揺するだけでいいから簡単だし、雑菌が入る恐れが少ない。固形の物だとスプーンを熱湯消毒しなければならないし、かき混ぜ方が不十分だと、だまができて舌触りが良くない。分身で作り続けると、菌の力が弱まり、よく固まらないし味も落ちる。液体のヨーグルトで毎回作るのがおいしい。もし、費用を節約したければ、小瓶の半分でも1リットル作れる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:27| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする