2018年08月24日

ぼくがダライラマ?(53)

 龍王譚はポタラ宮の裏手にある。大きな池の水面は黒い鏡だった。薄い雲が切れて月の光が増すと、大空は青みがかってきた。その分、星は数えるほどしか見えない。
 そのとき、龍王殿が建つ池の前に、人影が立っているのが分かった。トルコ石の髪飾りをつけ、黒地に花柄の刺繍を縫いつけた服をまとっている。ランプを顔に近づけると、摂政の娘だった。こんな真夜中に誰が手引きをしたというんだろう。魔性の女だ!
 娘は手を差し伸べると、「猊下」と言いながら握ってきた。思い詰めたように、表情をこわばらせている。ずっと待っていたのだろうか。女の手は冷えている。
「こちらへ」
 言われるままに池の縁に立つと、そこには神殿に渡る小舟がつながれ、召使いの男が膝をついて侍っていた。中にはランプ、バター茶、おまけに寝具までが積んである。
「これは!」
 当惑したまま、ぼくは女の手に引かれ、小舟の中に腰を下ろしてしまった。してはいけない一線を、今まさ越えようとしているのだった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:08| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする