2018年08月21日

島でなくても桜島(4)

 翌日はどんより曇っていた。本当はサイクリングしたかったのだが、小雨が降り出した。そこで、桜島一周の定期観光バスに乗ることにした。桜島港から右回りに巡ることになる。
 ガイドさんは桜島の噴火について、いろいろ話してくれた。江戸中期の安永大噴火では、海中から多数の島が出現した。多くは再び海中に没したが、中には周囲4キロもある島もあった。これは浸食されて周囲1キロ半になった新島(しんじま)のことで、燃島(もえじま)とも呼ばれている。小学校の分校も開校したが、過疎化が進んで、その時点ではいた住民も移住し、2014年(平成26)には無人化したという。
 黒神地区では、埋没鳥居を見た。これは1914年(大正3)の大正大噴火により、高さ3メートルあった腹五社神社の鳥居が、上部の笠木を残して埋もれてしまったもので、黒神村の687戸すべても熔岩に呑み込まれた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:51| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする