2018年08月18日

島でなくても桜島(3)

 桜島に向かう船に乗った。船長室の傍らのベンチに腰掛けた。潮風を満面に受ける。対岸の姿が見る見る拡大されていく。その夜は桜島のユースホステルに泊まった。
 ここにはさまざまな若者が泊まりに来ていた。青春18切符で日本全国を旅している大学生とか。僕はスイス人の青年ともっぱら話していた。スイスはドイツ語、フランス語、イタリア語の地区からなっている。彼の母語はドイツ語だが、フランス語も英語も流暢である。僕は英語とフランス語を使ったが、やはり英語の方が話しやすい。
 夕食の後、彼と非常階段の上に出て、桜島の夜景を眺めながら話した。彼は桜島の山頂が立ち入り禁止になっているのを残念がっていた。最後に噴火したのはいつかと言うので、城山で買った桜島の写真を見せた。真っ赤になった山頂と、立ち上る噴煙、そこに走る稲妻。信じられない! 写真にフィルターでもかけたのか、本当に超現実的だと英語で話していた。
 ちょうど、百武彗星というのが地球に接近していた。肉眼でも確かめることができた。北斗七星のすぐ下にあり、ぼんやりと大きく明るくなったり、暗くなったり、またたいているように見えた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする