2018年08月07日

アート・ブレーキーの《チュニジアの夜》

 正確にはアート・ブレーキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズによる演奏で、ドラムはアートブレーキー、テナー・サックスはウェィン・ショーター、トランペットはリー・モーガンが担当している。アート・ブレーキーの最高のドラム演奏が聴ける。
 個人的な印象としては、ドラム、ベース、ピアノ、サックスまたはトランペットというふうに、ジャズの演奏の多くでは、どの楽器が前面に出るかという意味で、ヒエラルキーが存在するように思える。その意味では、ドラムは裏方に徹することが多い。
 ところが、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの「チュニジアの夜」では、ヒエラルキーが引っ繰り返り、アート・ブレーキーのドラムが前面に出る。和太鼓のようにほとんどドラムのリズムだけで、呪術的な迫力のある演奏をベースとピアノが下支えしている。そこに、ウェィン・ショーターのテナー・サックスとリー・モーガンのトランペットが警笛のように響き渡る。
 1曲目の「チュニジアの夜」が圧巻なのだが、2曲目の「シンシアリー・ダイアナ」では、サックスとトランペットによるスリリングな世界が展開する。
 3曲目の「ソー・タイアード」はくたくたといった意味だが、斜に構えた感じで、夜の時間になると、たちまち元気になる若者の姿を表しているのだろうか。
 4曲目の「ヤマ」は憂愁が漂うメロディー。このアルバムの中ではもっとも静かな曲で、ピアノの演奏に続くリー・モーガンの高らかに吹くトランペットの響きが印象的である。
 5曲目は「小僧のワルツ」。アート・ブレーキーのドラム、次いで、ベース、トランペット、テナー・サックスと続く。親日家だったアート・ブレーキーは、題名に「小僧」という日本語の入った曲を選んだ。親分が子分である小僧に、見せ場を与えてやったという感じ。「チュニジアの夜」に次いで、意識の高揚を感じさせる演奏である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:28| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする