2018年08月03日

ぼくがダライラマ?(50)

 何でそんな言葉が出てきたのか不思議だった。しかし、話を聞いてくれる民衆は目を見開き、ぼくの言葉に聞き入ってくれているのだ。うなずいたり、顔を見合わせているところを見ると、勇気が湧いてくるのを感じた。
「ですから、悟りというものは、この身のままで得られるものなんです。妻を愛することも仏の慈悲、音曲に身を任せて、我を忘れることも悟りに近づく第一歩です」
 ここまで言い終えると、老人たちはぼくに向かって合掌した。人々の口から観音菩薩の真言「オン・マニ・ペメ・フン」が唱えられ、手に持ったマニ車が、軽快に回されるのを見た。ぼくは自分に酔っていたのだろうか。振り返ると、後ろに控えていた僧侶たちの顔に、困惑した表情が広がっていた。互いに小声で何かささやいている。耳を澄ますと「それは異端だ」という声に聞こえた。
 ぼくが口にしていたのは、チベットを席巻する新派、ゲルク派の教えではなかった。初めて仏教が伝わった頃の教え、古派、ニンマ派の教えだったからだ。妻帯しながら俗人のまま、悟りをめざす仏教は、土俗の神々への信仰を巻き込み、地方の民衆、ぼくのお父さんのような行者を介して、命脈を保ってきたのだった。幼い頃にヤクの背に乗ったぼくが、羊の放牧を営む父の後ろ姿から、自ずと学び取った教えが、声となって現れたものだった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:27| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする