2018年08月31日

島でなくても桜島(9)

 再びフェリーに乗って、桜島ユースホステルに戻ってきた。親しくなったスイス人の若者と、言葉や文化について話した。「とてもいい辞書なんだ」と言いながら、英語で説明された漢字辞典を見せてくれた。当時はまだスマホは登場していなかったから、外国人も紙の辞書を使っていた。
 漢字辞典には、音訓引きと部首引き、総画数引きがあるが、外国人用の辞書はもっぱら総画数引きになっていた。スマホなら書き順など分からなくても、画面にただ書くだけで文字が認識されるのだが。当時の欧米人にとっては、漢字を調べるだけでも難行苦行だったのだ。
 話は言葉から、文化の問題に移っていった。侵略された国の民衆は、ナショナリストになりやすい、と僕が言うと、彼は「ナショナリストには二つある」と説明してくれた。
「一つはネオナチや、スキンヘッドやってるような人間。もう一つは、自分の国を愛している人間だよ。小さな国は守るために、自分の国を鎖さなければならない。アメリカの小さな部族なんかは、周囲から影響を受けたら、自分たちの文化を失ってしまうからね」
 彼はスイス人でプロテスタントだが、自分たちがそう呼ばれるのを好まない。protest(抗議する)は良くないから、reformist(改革派)と呼ぶのだそうだ。カトリックに関しては批判的で、家の宗教として慣習の形で守っているに過ぎないと答えた。彼は宗教の表面的な違いより、通底するものの方に関心を持っていた。
「本当は宗教の違いなんか関係ないんだ。キリスト教でも、仏教でも、イスラム教でも」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:41| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくはネコなのだ(ePub)

 夏目漱石の『吾輩は猫である』のパロディーです。のらネコの兄弟が母親に見捨てられた後、もう若くない兄妹と老母の家に棲みつく中であった事件を、ユーモラスに描きました。子ネコが成長する姿を楽しんでいただけたらと思います。ネコ好きの方は、ぜひご覧になって下さい。
 以下のリンクからダウンロードしてください。
I_am_a_cat.epub

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:32| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

ヨーグルトメーカーで実際に作ってみた

 ヨーグルトメーカーを買って、実際にヨーグルトを作ることにした。そこで考えたのは、どんなヨーグルトを作るかということである。
 最初に気をつけなければならないのは、ヨーグルトの中には、熱処理をして殺菌してしまっているものもあるということ。L-92乳酸菌は菌が死んだ状態の方が、花粉症などに効果があるという。だから、ヨーグルトメーカーで発酵するはずがないのである。
 具体的にヨーグルトを作る方法は、ネットで検索すれば見つかる。ただし、人によって酸味が弱い方がいいか、よく固まっていた方がいいかなど好みが異なるから、微調整は必要である。ヨーグルトメーカーは、初期設定では40度、8時間となっているが、多くの場合、43度8時間が最適のようである。ただし、カスピ海ヨーグルトの場合、27度が最適温度だから、夏場だとエアコンの部屋で、ヨーグルトメーカーなしで作れる。
 実際に作ってみた感想だが、免疫力を高めると言われるR-1が、クリーミーでとてもおいしかった。ピロリ菌退治に効果があると言われるLG21は、酸味が強めだった。ガゼリ菌SP株は、肥満対策にいいらしいが、酸味はあまりなく甘みを感じた。個人的には、R-1が一番好みに合っていた。
 作る際には液体でも固体でもいいが、液体の方が注いでふたをして、揺するだけでいいから簡単だし、雑菌が入る恐れが少ない。固形の物だとスプーンを熱湯消毒しなければならないし、かき混ぜ方が不十分だと、だまができて舌触りが良くない。分身で作り続けると、菌の力が弱まり、よく固まらないし味も落ちる。液体のヨーグルトで毎回作るのがおいしい。もし、費用を節約したければ、小瓶の半分でも1リットル作れる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:27| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする