2018年07月21日

WALKMANでヘミシンクを聴く

 WALKMANはジャズをいい音で聴くために買ったのだが、クラシック音楽をコンサート会場の雰囲気でも聴けるので、若い頃に好きだったドビュッシーやラヴェル、ラフマニノフなども聴き直した。喜多郎の『シルクロード』を「リラックス」モードで聴くと、これまた癒しの効果が高い。
 ヘミシンクに関しては、エフェクトをすべて外さないと効果がないと言われているので、WALKMANでは聴いてなかったのだが、ClearAudio+のみをオンにして、モンロー研究所の《ゲートウェイ・エクスペリエンス》のTを聴いてみた。ファイルはもちろん、可逆圧縮されたものを用いた。
 ハイレゾ相当に補完されるため、迫力が半端ない。もちろん、ハイレゾ用のイヤフォンで聴いたのだが。「レゾナント・エネルギー・バルーン」を作る練習では、音の波が何度も背筋を上って頭頂に抜けるので、まるでクンダリーニが覚醒させられるような感覚になった。
 へミンシクは左右から異なる周波数の音を聴かせて、脳波を変性意識に導いた上で、言葉による誘導瞑想を行う。自己催眠にかけているようなもので、「体外離脱」したくてやってる人が多いらしい。僕は何度か体験したが、大抵はすぐに眠ってしまい、何も起こらない。もし他のプレーヤーで効果が得られないのだったら、WALKMANで聴いてみるといい。結構すごいことになりそうだ。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:33| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする