2018年07月26日

「レムリアの記憶」

 レムリアというと、動物学者フィリップ・スクレーターが提唱した、インド洋上の仮想の大陸を思い浮かべるかもしれない。それが五千万年かけて、インド南部、マダガスカル島、マレー半島に分断されたという。
 ここで言うレムリアとは、神智学のブラヴァツキー夫人が説いたもので、太平洋上にあった巨大な大陸が、地殻変動によって水没したとされる。それはムー大陸と呼ばれるではないかと思うかもしれない。いずれにしても、太平洋上に霊的に進化した大陸があったと、一部の人たちに信じられてきたのである。
 霊的に進化したレムリア人は、脳の一部しか使用していない現代人とは異なり、脳をフル稼働させて、テレパシーで相手に想念を伝えることもできたという。これは右脳と左脳が同時に活性化した状態で、左右の耳から異なる周波数の音声を流したり、ゴーグルの点滅の速度を調整したりして、脳波を誘導することで可能となる。
「レムリアの記憶」は武田崇元氏がプログラムしたもので、「甦るレムリア」「レムリアン・シード」「レムリアの記憶」の三部作で構成されている。「甦るレムリア」では、海の中へと潜るとともに、イルカの鳴き声が聞こえてくる。これは海中の楽園世界を想起させるとともに、水没したレムリアへの旅であり、「カシーナ」を装着したあなた自身の、心の深層への回帰でもある。
「レムリアン・シード」はレムリアの種という意味。いきなり、静謐なピアノの音が響いてくる。あなたはすでに、深い瞑想状態に入っている。その証拠に、目の前をイメージがよぎったりしないだろうか。両手・両足の力がすべて抜けて、精神は目覚めながら、肉体は眠りについているのである。
「レムリアの記憶」では、銅鑼の音が鳴り響いた後、抒情的なメロディーが流れてくる。せせらぎの音に気づいたあなたは、レムリアの世界に戻ってきており、海中に没する以前の楽園にいる。ということは、失われたと思われた能力も、あなたの内部で眠っていたということ。肉体から自由になったことで、時間と空間という制限にとらわれていない。ここでは、心で思ったことが単なる空想ではなくなり、望むことが実現する創造の場に臨んでいるのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:09| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

増補版『アイヌモシリへの旅』(pdf)

 北海道各地にあったユースホステルに泊まりながら、大自然に触れた心の旅をつづりました。成人して間もない大学生が、初老に至るまでの全5回、30余年間の変遷がたどれます。1980年代から90年代のユースホステルの様子や、当時の若者の姿も描きました。
 今回の増補版では、最新の旅の記録など6章を追加しました。また、全体の表記などを若干改めました。pdf版は1.2メガです。パソコンですぐに開けますが、いったん保存してからご覧になることをお勧めいたします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
Ainu2.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

超短編集「夢現万華鏡」(pdf)

 星新一のショートショートよりも短いものは、300字小説だと言われます。古典に取材したもの、SF、寓話、シュールな夢幻の世界や、現実の場面を脚色したものなど、80篇余りを収録しました。無限に広がるイメージと戯れたり、何が暗示されているか謎解きをしましょう。
 今回はパソコンですぐに開けるpdfを公開します。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードして下さい。
kaleidoscope.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Media→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。大部分のパソコンにインストールされているAdobe Readerで読むことができます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:23| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする