2018年07月27日

ヨーグルトメーカーを買った

 東日本大震災による停電で、店先からヨーグルトが消えた。そこで、常温でも作れるというカスピ海ヨーグルトを、我が家でも作るようになった。カスピ海ヨーグルトは、酸味が弱くクリーミーなので、市販のブルガリアヨーグルトよりもおいしい。しかも、種となるヨーグルトで何世代にわたって作れるので、経済的である。
 ところが、今年の異常な高温で、カスピ海ヨーグルトが夏ばてしたのか、うまく固まらなくなった。固まるのを待ってできたのは、滑らかさのない、異常な酸味のある代物だった。カスピ海ヨーグルトは、27度が適温なので、猛暑の中ではうまく活動できないらしい。
 そこで、ヨーグルトメーカーを買った。製品を選ぶときの目安は、1度単位で温度調節ができるか、牛乳パックのままでも作れるかという点である。ブルガリアヨーグルトなら40度、他の機能性ヨーグルトなら43度と、ヨーグルトの菌によって、適正な温度と所要時間が異なるので、ネットでよく情報を集めた方がいい。
 種菌として使うヨーグルトは、液体の物のほうが牛乳と混ぜやすい。また、攪拌するときに使うスプーンなどは、熱湯消毒しておく必要がある。R1ヨーグルトの場合、牛乳1リットルに対し、小瓶の半分で充分である。設定温度は43度、砂糖は雑菌混入の原因になるので、発酵時には入れない方がいい。夏場は8時間、冬場は10時間。出来上がった時点で、牛乳パックはパンパンに膨らみ、熱めの風呂のように温まっている。少し冷ましたら、冷蔵庫で1日寝かしてから食べた方がおいしい。
 ちなみに、発酵しすぎて酸味が強すぎるヨーグルトは、水分を抜いてクリームチーズにするといい。水分は乳清で栄養があるはずだが、発酵しすぎた物の場合は捨てること。冷蔵庫で半日以上水分を抜けば完成する。酸味がさわやかな程度に和らぎ、濃厚な味が楽しめる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:10| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

「レムリアの記憶」

 レムリアというと、動物学者フィリップ・スクレーターが提唱した、インド洋上の仮想の大陸を思い浮かべるかもしれない。それが五千万年かけて、インド南部、マダガスカル島、マレー半島に分断されたという。
 ここで言うレムリアとは、神智学のブラヴァツキー夫人が説いたもので、太平洋上にあった巨大な大陸が、地殻変動によって水没したとされる。それはムー大陸と呼ばれるではないかと思うかもしれない。いずれにしても、太平洋上に霊的に進化した大陸があったと、一部の人たちに信じられてきたのである。
 霊的に進化したレムリア人は、脳の一部しか使用していない現代人とは異なり、脳をフル稼働させて、テレパシーで相手に想念を伝えることもできたという。これは右脳と左脳が同時に活性化した状態で、左右の耳から異なる周波数の音声を流したり、ゴーグルの点滅の速度を調整したりして、脳波を誘導することで可能となる。
「レムリアの記憶」は武田崇元氏がプログラムしたもので、「甦るレムリア」「レムリアン・シード」「レムリアの記憶」の三部作で構成されている。「甦るレムリア」では、海の中へと潜るとともに、イルカの鳴き声が聞こえてくる。これは海中の楽園世界を想起させるとともに、水没したレムリアへの旅であり、「カシーナ」を装着したあなた自身の、心の深層への回帰でもある。
「レムリアン・シード」はレムリアの種という意味。いきなり、静謐なピアノの音が響いてくる。あなたはすでに、深い瞑想状態に入っている。その証拠に、目の前をイメージがよぎったりしないだろうか。両手・両足の力がすべて抜けて、精神は目覚めながら、肉体は眠りについているのである。
「レムリアの記憶」では、銅鑼の音が鳴り響いた後、抒情的なメロディーが流れてくる。せせらぎの音に気づいたあなたは、レムリアの世界に戻ってきており、海中に没する以前の楽園にいる。ということは、失われたと思われた能力も、あなたの内部で眠っていたということ。肉体から自由になったことで、時間と空間という制限にとらわれていない。ここでは、心で思ったことが単なる空想ではなくなり、望むことが実現する創造の場に臨んでいるのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:09| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

Mp3tagはflacにも使える

 すっかりMQA-CDの音質に魅せられた僕は、購入したCDをExact Audio Copy(http://www.exactaudiocopy.de/en/index.php/resources/download/)でリッピングしている。詳しい方法は以前ブログに書いたとおりである。
 ただ、一つ困ったことは、曲名が書き込まれても、ファイルにtagがつけられないということ。やむなく、右クリックでプロパティを開き、タグを手動で書き込んでいた。そうしないと、プレーヤーで検索できないからである。
 ところが、ファイルによっては、タグの書き込みすらできない。頭を抱えてしまったが、以前、mp3のタグを書き込むのに使ったソフトのことを思い出した。Mp3tag(https://www.mp3tag.de/en/)について検索してみると、flacをはじめとする多くの音声や、mp4、m4vなどの動画にも対応している。
 日本語にも対応しており、使い方はmp3などの場合と同じ。パソコン内のディレクトリ(フォルダ)を指定し、「タグを取得」して保存する。直観的に使いこなせると思われるが、詳しい使い方は以下のページを参照するといいだろう。
https://www.gigafree.net/media/mu/mp3tag.html


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:19| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする