2018年06月27日

MQA-CDのリッピング(3)

 mqaをデコードできるDACがあれば、MQA-CDからリッピンクしたflacファイルが、mqaの信号を含んでいるかどうか、ランプの点灯で分かるのだが、mqa対応をうたうWALKMANの場合はどうだろうか。
 ダウンロードしたmqaファイルは、WALKMANではハイレゾに分類される。ところが、MQA-CDからリッピングしたflacファイルを、mqa.flacと拡張子を変更し、WALKMANに転送しても、ハイレゾには分類されない。これについては、コーデックのタグを読んで分類しているからで、拡張子にmqaが含まれていれば、mqaのデータをデコードすると考えられる。
 そこで、他のソフトで作ったflacと、Exact Audio Copyで作ったflacを、WALKMANで再生してみた。ともにいい音がしているが、mqaの信号が含まれていない場合でも、アップサンプリングでよく聞こえているだけかもしれない。DSEE HXを切ってみると、他のソフトで作ったflacの音質は劣化した。つまり、mqaのデータが含まれていなかったのである。一方、Exact Audio Copyで作った方は、DSEE HXをオンにしてもオフにしても、高音質のままである。WALKMANはハイレゾではDSEE HXがオフになる仕様である。
 ソフトによって、flacにmqaが組み込めるかどうかが変わるのは、圧縮率とともに、設定するBit Rateが関わっている可能性がある。僕の場合は、圧縮率を5にし、CDと同じ1411kbpsに設定した。他のソフトではBit Rateが900kbps前後となっていた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:15| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする