2018年06月19日

WALKMANの音質設定

 WALKMANのAシリーズは、CDやmp3をハイレゾに近い音質にアップサンプリングする。ハイレゾと圧縮された音を比較したデータベースに基づいて、音を補完しているので、音が太くなってリアリティを増す。マイルス・デイビスのかすれたトランペットの音は、mp3で聴いているだけだったら、何で人の心をとらえるのか分からないだろう。
 耳にはよく聞こえない音であっても、振動として体に伝わってくると、目の前で楽器が演奏されているかのように、生理的に判断してしまうのだろう。張り子みたいなmp3と違って、BGMとして聞き流すことができないのだ。
 さて、WALKMANには音質設定があるので、好みの音質で聴くことができる。ジャズなら、イコライザーを「ジャズ」に、サラウンドを「クラブ」にする。クラシックなら、イコライザーを「クラシック」に、サラウンドを「コンサートホール」にする。喜多郎の音楽でくつろぎたいときは、イコライザーを「リラックス」に、サラウンドを「スタジオ」にする。
 自然の効果音を用いているアルバムは、エフェクトをかけると台無しになる。その場合、ClearAudio+を有効にすれば、透明でダイナミックな音が楽しめる。ClearAudio+を押せば、どんな音楽でも迫力は増すが、ジャズやクラシックなど、楽器の響きを楽しみたいジャンルは外して、上記の設定をするのがお勧めである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:28| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする